仙台で毛孔性苔癬の治療を受けられる皮膚科クリニックの特徴

毛孔性苔癬の最新治療を受けられる仙台のクリニックの特徴

毛孔性苔癬は毛孔角化症とも呼ばれることがあります。

腕の毛穴が詰まって盛り上がることで美容上良くない状態でみられます。

触るとぶつぶつとしていることも特色で、自覚症状については基本的にほとんどないですが、たまにかゆくなることもあります。

身体への害はないので、治療については別に放置しても問題はありませんが、女性の場合は、見た目が気になるのであればクリニックなどへ行って治すかたも増えています。

毛孔性苔癬の最新治療を受けられるクリニックは仙台駅を中心に存在しますが、湘南美容外科クリニックは全国にあるので無料カウンセリングで、いちど相談してください。

特徴としては、例としてフラクショナルCO2レーザーと呼ばれる医療用レーザーを使って皮膚の深部から入れ替えをすることで美肌にかえてくれます。

他にもフラクセル、ケミカルピーリング、ダーマローラー、医療レーザー脱毛処理など豊富な治療方法があります。

毛孔性苔癬を仙台で治療するなら


美容皮膚科、美容外科などのクリニックがありますが、東北最大級の美容クリニックが仙台にあります。

湘南美容クリニックの仙台院です。

症例数、最新医療機器の導入など注目されており、毛孔性苔癬の治療も豊富な施術方法が選べます。

肌再生、色素沈着の改善、毛穴の開き改善など、自分の肌の症状にあったレーザー治療が可能です。


毛孔性苔癬が原因でできる色素沈着と改善法



毛孔性苔癬が悪化すると色素沈着になってしまう場合があります。これはどのように治療すれば良いのでしょうか?

原因は毛穴に角質が詰まることです。ですから、毛孔性苔癬の治療には、ターンオーバーを促進させること、つまり肌の生まれ変わりのリズムを整えることが基本となります。新しい肌に変わっていけば色素沈着はだんだんと消えていきます。ターンオーバーの促進にはAHA石鹸を使うなど多くの方法があります。自分の肌にあった方法を選んでくださいね。

では、改善するにはどうすればいいのでしょうか。色素沈着は色素沈着でできますから、色素沈着を抑えることが効果的です。これには、ビタミンAを積極的に取り入れることや、日頃から美白効果のある化粧品を使うことが効果的です。


<参考となる関連記事>

仙台で毛孔性苔癬のレーザー治療ができる皮膚科

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。