尾行調査の費用が分割払い可の探偵※無料相談と追加料金なし

尾行調査 費用

探偵の尾行調査にかかる費用と総額料金

興信所や総合探偵社が依頼人から浮気調査を依頼され、調査内容や調査日時が決定すると、興信所や総合探偵社の調査員が実際に調査を開始します。調査の方法は尾行調査がメインとなります。これは、浮気の現場を直接押さえて写真を撮ることが依頼人に対しての一番の成果物となるからです。

人の動きを見張る尾行調査は簡単なように思われがちですが、対象者を見失わず、対象者から見つからないように尾行することは非常に難しく、手間もかかりますので、料金もそれなりに高く設定されております。

一般的に調査員一人につき一時間当たり一万円やそれ以上の金額となっている所が多いです。これとは別に交通費や通信費などの諸経費が実費として請求されます。

少し料金が高く思われるかもしれませんが、非常に難しい仕事であることや、調査がうまくいけば証拠写真が撮れるというメリットもありますので、現状ではこの金額でも調査の依頼は多くあります。

尾行調査の無料相談と追加料金について

尾行調査 費用
興信所や総合探偵社に浮気相談をする時に、注意しておきたいのが追加料金です。
予め、調査費用の見積もりをして納得がいけば契約を交わして、調査を開始して報告書を提出してもらうのですが、中には、後になって追加された料金があると言って法外な請求してくる興信所や総合探偵社もあります。

そのためにも、見積もりの段階で料金がどのような仕組みで産出されているのかなどを丁寧に依頼者に説明をする興信所や総合探偵社が安心です。
不明な点があれば、浮気相談を行った際に徹底的に尋ねてみましょう。

納得がいかない事務所であれば、契約をせずに他を探すようにするのがお勧めです。
後々、請求されることがないように追加料金が加算されることがないという条件がある業者を探すのも有益だといえます。

成功する尾行調査の方法とプロのコツ

総合探偵社や興信所の尾行調査とはターゲットとなる人物に気付かれないようにしながらその行動に張り付き、その一部始終を観察して何か不審な点はないか、どこの店に立ち寄ったか、誰と逢ったかなどをつぶさに記録していくもの。簡単に思われがちですが、実はこの尾行には高い技術が求められます。顔見知りが尾行することなどもってのほかで、この調査を成功させるにはターゲットとは面識のない第三者であり、なおかつ付かず離れずの距離感で相手が何をしているかきちんと観察できる人材が不可欠です。

この”総合探偵社や興信所の尾行調査は足を使ったとても地道な作業ですが、結論に辿り着くための材料や証拠を集める大切な作業。絶対に成功させるためには素人ではなく、プロの探偵や興信所や総合探偵社スタッフを活用することが望ましいでしょう。

調査レベルが高度な尾行で行うこと

浮気・素行調査で探偵社に依頼をすると必ず尾行調査をしますが、その内容は具体的に、写真撮影、動画撮影、聞き込みを行った結果を報告します。
確固たる証拠になりうる写真や動画の撮影であれば、歴然とした事実として記録が出来ます。
また、対象者の行動に関連して聞き込みで得た情報を総合的にまとめて報告していくことも、大変重要な証拠になります。

プロが行う尾行調査は、現在では、ITツールを駆使しているので情報収集も昔に比べると迅速な処理が出来るようになりました。

しかし、プロだからこそ歩いて尾行して得られる情報ももちろんありますので、それらも合わせて総合的な調査を遂行してくれるのが、メリットだといえます。
プロならではの尾行調査だからこそ、対象者に気づかれることなく出来るのが特徴です。

バレる?バレない尾行調査の費用が高いスキルの追跡方法

相手は不倫・浮気がバレていないと考えているので、尾行・追跡調査を行っていることがバレないように注意します。相手は自分のことを知っているので、難易度が高いです。(尾行の費用も高くなる)

 

まず、普段着ている服装は絶対に避け、帽子やメガネなどで顔を隠します。季節外れのマスクはかえって目立ちます。電車での尾行・追跡調査では、横並びの列に立つと良いです。相手が車で移動する場合、信号の影響を受けない程度の距離を維持します。

理想は150~300メートルです。相手の真後ろに続くと顔を見られるので、近くの空いているペースに停車するフリをして、一定の距離感を意識します。尾行・追跡調査で不倫・浮気の現場を発見したら、その場で取り乱すのではなく、携帯電話のカメラで証拠を残し後日話し合いを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です