尾行調査の料金と方法※探偵のスゴ技!絶対にまくことができない内容

尾行調査の料金と方法

尾行調査の方法と尾行・素行調査の中身

夫・妻や婚約者の密会相手などの尾行・素行調査には携帯を調べたり、手帳や財布を調べたりと自分で出来る事も多いですが、決定的な浮気の現場をおさえるには尾行することも必要になってきます。

しかし、この尾行は素人には難しく、相手に尾行・素行調査をしている事がばれてしまう原因となります。特に浮気をしている人は周りに敏感になっているので危険性は高いです。見つかってしまった場合その時点で、関係が破綻してしまう可能性もあります。

その危険性を避けるためにもその部分は大手の総合探偵社のプロの方に頼んだ方が良いです。素人とはノウハウが違うので、相手に気付かれることなく証拠として必要な場面をおさめる事ができます。特定の日だけ頼む場合は費用も安く済むので安心して頼む事ができます。

知っておきたい尾行・素行調査のやり方と方法

プロの探偵などでなくても簡単にできる尾行・素行調査方法があります。親しい相手であればスマホや携帯の履歴を調べるのが最も有効ですが、そうでない場合はあるものを調べてみましょう。

それはゴミです。ゴミ箱でも収集に出すようなゴミ袋でも、そこに捨てられた領収書や明細、購入したものなどを調べることによって相手の尾行・素行調査ができます。

また、尾行も有効な手段ですが少し技術が必要になります。対象者の後をつける際には真後ろではなく、間に3人以上の歩行者を挟むようにしましょう。

車の場合も同様です。あまり長く尾行していると見つかる可能性が高くなるので、回り道をして相手の近くからしばらく姿を消すといった工夫も重要になってきます。

尾行・素行調査にかかる料金費用はいくらが相場?

大手の総合探偵社や地元密着の興信所などに個人の尾行・素行調査を依頼したいと考えたとき、ネックになるのは尾行・素行調査の費用がどれくらいかかるのかという点でしょう。

これは依頼主がどの程度調べ上げたいか、依頼主が対象者のことをどの程度把握しているかで大きく異なります。

例えば対象者が現在どのような生活をしているか調べるだけなら、数日もあればある程度のことは調べられます。これが過去何年にもさかのぼって調査をするならば長期間の調査が必要になるため費用が上がっていきます。

また、ある程度対象者の実家や職歴、などの過去の情報を掴んでいることで効率よく操作を行う事が出来るため、無駄な手間や時間を省くことが出来て節約になるでしょう。

そのため尾行・素行調査を依頼したいときは、対象者についてどの程度の情報を把握しているのか羅列しておくと良いでしょう。

 

尾行・素行調査の相場と調査料金の内訳について

信じられないかもしれませんが、実は尾行・素行調査の相場というのは実は決まっておらず、それぞれの探偵社に一任されているのが現状です。同じ調査内容を依頼しても探偵によって大きな差があるといわれています。

浮気の尾行・素行調査の場合は、大抵2人体制で行うところが多いので調査員の人数を2名とすると、諸経費をのぞいた1時間あたりの料金は平均して1万5000円から2万円あたりとなっています。

尾行・素行調査における費用の内訳は、調査料金(人件費)、交通費、宿泊費、通信費、機材費などを含む経費、車両料金、報告書作成料金、成功報酬、深夜料金や緊急出動時における割増料金などとなります。特に経費についてははっきりしない部分が多いので、事前にいくらぐらいかかるのか聞いておくのが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です