旦那婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建て浮気発覚

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

夫の実家の隣に家を建て浮気発覚

旦那婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。旦那の浮気が判明するまでは普通の家族でした。
しかし先週、旦那婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。

育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養育していく責任があります。旦那に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

人嫁って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、不倫相手に裁判を起こしたいのだそうです。
結構マジメな話です。ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、ちゃんと浮気の証拠を押さえて慰謝料を求めたうえで、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかとアドバイスしたんです。
なんだか妙に納得されました。

探偵社には調査報告書というものがありますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。
とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに利用する可能性がある場合は、証拠書類として認められるよう、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと意味がなくなってしまいます。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、探偵社を選ぶようにすると良いでしょう。

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、配偶者(夫・妻)にしてみれば、信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。

その許す事ができない行為を野放しにすることはできません。浮気の裏付けをとる方法は身近なところで携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。

詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。帰宅したあとに、しつこい電話勧誘がくるのは、悪徳業者にはよくあることです。誠実な探偵業者はけしてそのような行為はありません。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

不倫という許しがたい理由で離婚しても。。。

不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるという相談もしばしば聞かれます。
離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。

このごろは技術が進み、個人でもGPS機能を使えば浮気をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。GPS機能つきのスマホを使用させることにより、ほぼリアルタイムで位置情報を知ることができます。別に違法というわけではないですし、相手の不倫を自力で見つけたいときは便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。普通、離婚となると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると親権が得にくいという話が蔓延しているようです。

一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。
基本的に親権というのは、同居の有無や子供を育てることに協力的だったかどうか等に重点を置いて判断します。
最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかがカギなのです。
不倫の行動追跡調査で、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。

現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの被害を未然に防ぐべく制定されたものです。

配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、相手に露見するようなことは、まずないといって良いでしょう。
しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

調査が完了するまでは、いつもと同じように生活するようにしましょう。
たとえ大手だからといって100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業界では大手業者に依頼すると後悔することが少ないと思います。

中小にも良い会社はあるはずですが、中には充分な調査をせずに金銭だけを要求してくるところや費用の説明が不十分なところもあるからです。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。

一例をあげると、不倫の証拠集めで期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。
しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が出ないこともないわけではありませんから、依頼する探偵社の質や評判を事前にリサーチしておく必要があるでしょう。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのも結果に大きく影響してくると思います。
探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限って探してみると良いでしょう。ローカルに強い探偵なら、詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。それに依頼する内容や諸条件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。

まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か業者に電話確認してみることも大切です。
総合探偵・興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気を止めることができたとしても、再々繰り返す場合があります。

連絡なしの深夜の帰宅、スマホにロックが

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。大抵の場合、前回の浮気での対処が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が不可欠です。

総合探偵・興信所、探偵社というものの中には悪質でいい加減なところもあるのが現実です。依頼するなら事前に情報を集め、誠実そうなところを選びましょう。
一般的な浮気調査であろうと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。
調査に要する時間と代金は、よくよく確認した上で契約するようにしましょう。
不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することは可能です(民法779条)。認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、とても重要な手続きです。
すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、裁判にまで発展するケースもあります。つまり子供ができてからでは遅く、その前になんとか不倫をやめさせないと、家庭のライフプランが大幅に狂う被害があると思っていいでしょう。
話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。
厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的な関係を持っていることを言います。配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料を求めることができます。
総合探偵・興信所に調査を依頼し、配偶者(夫・妻)の不倫の証拠を握った上、賠償請求を相手に突き付けることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせるといった使い方もあります。
探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。所在地や取扱案件などの企業情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。
受付専任のスタッフがいて、ケースごとの概算を見積もってくれます。
そこまでなら無料のところもありますから、納得いくまで考えてみると良いでしょう。
あとから内容の変更も可能です。
色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で最も多く、説得力があるのが、パートナーにバレたからというものです。
とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではありませんから、どうしたって探偵社や興信所等に浮気調査を任せる方が、確実性があるというものです。
ただ、これは怪しいと気付くのは一番近いところにいる人でなければできないことです。
興信所と探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
つまり浮気調査でしたら、区別して考えることはないでしょう。
ただ、ある程度の得意分野だのは事業者ごとに特徴があるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。
私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。
遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。人間はウソをつくときほど必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。また、簡単な返事で済むところを、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。
やましいと思っているほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。落ち着かず目を泳がせるので、見ていて簡単にわかるものです。
どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、非常に重要な問題だと思います。
探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。
悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、先方の営業所は避けて、表通りにある喫茶店など人の多いところで懇談するのも良いと思います。
不当な契約の強要を未然に防ぐことができます。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様から、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは充分考えられます。
慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方旦那嫁が結婚を継続するか否かで当然ながら差があります。
離婚もしていないのに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。
配偶者が不倫していたことが原因で別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停が必要になるケースは少なくありません。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて裁判所内で協議が行われるため、当人たちだけよりも比較的円満に話し合いが進められるため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。
緊張せずリラックスして臨みましょう。探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で行動調査を行っていることもあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、必要があれば周囲に聞き込みなどをすることもあります。
ただ、社内機密といって教えてくれない調査方法も存在するらしいです。
総合探偵・興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の支出は覚悟しておきましょう。平均的な調査料金ですが、一般的な浮気調査でだいたい3日で12万ないし14万くらいはかかると思って間違いないでしょう。
時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、なにを依頼するにしても50万から60万くらい用意しておくと良いでしょう。
困ったことにダンナの浮気は、まるで病気みたいです。
まさかこんなに出てくるとは。
結婚する前からと合わせると幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。
終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気は男の甲斐性ですか。それって限度があると思うんですよ。
あんな人と人生の伴侶としてやっていく意味がありませんし、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。
最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。
安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵会社に依頼しました。調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、決定的な証拠を目の前にすると、がっくりきました。
同じような浮気調査でも、その代金は業者によってかなりの違いが出てきます。
一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、最低でも二社以上で見積書を提示してもらうことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。
また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査時間の短縮になる上、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。旦那(あるいは妻)が不倫していることに気づき、初めて探偵業者を利用しようというときは、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は安易に契約を結ぶべきではありません。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っていることがありますからね。
これから依頼するのであれば、その会社の信頼性は、あらかじめ確認しておくべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました