探偵者や興信所の求人で社員・スタッフになる為に普免はあったほうが良い

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

探偵の調査チームのスタッフなら普通免許は必須

探偵業者の事務職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。

ですが、調査チームでは自動車の普通免許は必要です。

バイク免許もあれば、尚可。

もっとも、車の普通免許やバイク免許だけあっても不貞行為の調査などで成果をあげるには、相応の能力や習熟が必要でしょう。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。

しかし一部の業者では調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるそうですし、格安というところは注意したほうが良いでしょう。

しかし、高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、一概に釣り合っているとは言えません。

せっかく時間とお金を費やしておきながら、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなどということにならないために、あらかじめ標準的な費用について調べておくべきです。

標準的な不倫調査としては、依頼者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、証拠を入手します。

車内で待機して浮気の証拠をとる

探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。
フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。

対象にそれと悟られないよう後を追って、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。張り込みを車内で行い、浮気対象者(ターゲット)の尾行もします。

 

調査していることがバレることはほとんどありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に見越しておく必要があります。

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

なので、緊急事態としてバイクでの追尾が必要。

金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。それが、結果を出す近道です。総合探偵・興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、そこそこまとまった費用が必要になります。

だいたいの費用ですが、一例をあげれば、浮気の素行調査などで20万円(4万円で5日間)程度が必要です。

時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、なにを依頼するにしても50万強で予算どりしておくと良いでしょう。

探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえばその名称のみと考えていいでしょう。

両方とも探偵業務と報告を行うことは変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。つまり浮気調査でしたら、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。

ただ、ある程度の得意分野だのはおのおのの会社で違ってくるので、事前に調べたり質問しておくことが大切です。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、相場より安く請け負うところや一律価格を謳う会社がしばしば目にするようになりました。

車での追尾調査は実費がかかることも

しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもないわけではないので、探偵に依頼する際は、契約前に価格や内容をよく確認し、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけましょう。

車での尾行で高速代金、ガソリン代なども請求も追加でされるケースもありますが、探偵との契約によりますので、必ず確認してください。

ダンナの不倫や隠し子などの調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもそんなに珍しいものではありません。素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。

相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、性的な関係を持っていることを言います。

配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に賠償を請求することが可能です。怪しいと思ったら総合探偵・興信所や探偵を雇って浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるといった使い方もあります。

車の尾行・浮気調査で発覚した不倫

(ある浮気調査の体験者の感想)
先週、旦那の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

それも独身時代からいままで、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。

=================================
終わったものまで糾弾する気は既にありません。
浮気癖は直らないって言いますよね。
こんなにも直らないなんてあるんでしょうか。

許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で圧倒的多数を占めるのは、配偶者への暴露です。

だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは難しく、気分的にも良いものではありません。そういったことを専門にする探偵会社に怪しい点を探ってもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。

しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、どうしても本人次第になります。

=================================
32歳の主婦です。
6つ年長の旦那と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。
つい先日、旦那が不倫をしていたことがわかり、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。これから女手一つで、この子たちを育てていくわけです。
メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、旦那には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、公正証書という形で残しました。

=================================
当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価は高くついて当然でしょう。

とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかでも変わるでしょう。しかし、単純に離婚されるだけではなく、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。

軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償わなければいけないのです。配偶者(夫・妻)が不倫していることに気づいたら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。

といっても簡単なことではありません。当事者だけで話しあえば、権利争いや感情面での言い合いになって、話がややこしくなりがちです。

不貞の証拠が取れたら弁護士へ

時には裁判を起こさなければいけない場合もあるため、そうなる前に弁護士にお願いして、トラブルにならないよう交渉してもらうとよいでしょう。総合探偵・興信所を使うときの代金はまちまちで、時には極端に高い料金を請求してきたりする場合もあるようです。

子供のいる親が離婚する時は、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性などを重くみる傾向があります。

最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかがカギなのです。職場内で不倫が発覚しても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では仕事を辞めさせることはできないのが現実です。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

現実的には口頭注意ぐらいで、それ以上の処分にはならずに済んでいるようです。
不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、実親や配偶者に妊娠を望まれたことが意外に多いです。

いままで連れ添ってきた仲として自責の念を感じ、浮気相手との不毛な駆け引きに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れることに積極的になるでしょう。

かれこれ十年以上、総合探偵・興信所の探偵として勤めていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。

もちろん、その証拠を集めるには相応の経験とカンが必要です。その上、突発的な事態に対し、速やかに対処する判断力も大事です。

特に、調査対象やその周囲に不倫調査を悟られてしまうと、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、用心に用心を重ねるのは言うまでもありません。

以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。相手が誰かだけでも知りたくて、ケータイチェックを試みたものの、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、何も得ることができませんでした。

かくなる上は総合探偵・興信所を頼むべきだと考えたのですが、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、思案中です。

配偶者が浮気する理由として多いのは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったということに集約できるようです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。

そういった事態を避けるには、お互いの話に耳を傾け、我慢したり苦しいと感じていることは何かを語り合うことも大事なのではないでしょうか。義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、そこの店長さんと親しくなって、不倫関係をもつようになりました。

ずっと家庭から出ず、まったり主婦ライフを送っていたため、パートだけにしてはおかしいと、すぐ主人にバレて、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められることになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。非嫡出子でも認知を求めることは可能です(民法779条)。

戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、とても重要な手続きです。

なかなか認知されない場合、裁判になることもあります。そんなことになる前に関係を解消できなければ、家庭のライフプランが大幅に狂う被害が生じる可能性があります。
不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

つまり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、証拠さえ入手すれば、あとはもう好きなように向こうを追い詰めることができるというものです。

私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や親族などに密告する人もいるようです。噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、碌なことにならないですよ。

それを分かってて不倫するほうが悪いんです。
探偵社に任される仕事というと、その大半は素行(不倫)調査ではないでしょうか。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを具体的に説明しますね。

近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出たという事例も増えています。
スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っているかもしれません。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。探偵を使い慣れている人はいないでしょう。そんなわけで、配偶者(夫・妻)の浮気調査をしてほしいと思っても、「ここがいい」なんてアテがないのが当然です。

総合探偵・興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。

きちんとした業者かどうかは、番号を見れば判断がつきます。

だからこそ、そこのサイトや営業所、広告、チラシに認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。というのは、最初に出してもらった金額のほかによく分からないオプション料金や経費が生じていて、契約を破棄したいというと、キャンセル料をとられることがあります。契約書にサインする前にチェックは入念にしておくことが大事ですね。料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。

異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気扱いする人もいますからね。

実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞ということになります。

しかし、結婚生活に波風を立てないためには、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えたほうがいいです。

ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるところなどは定番中の定番といえます。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが少なくありません。

証拠として認められる品質のものを撮影しなければ意味がないので、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。

興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、非常に重要な問題だと思います。業者にもよりますが、近頃は相談や見積りを無料で行うところも増えていて、料金面での不安はなくなりました。

 

強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、相手の会社ではなく、表通りにある喫茶店など人の多いところで懇談するのも良いと思います。違法な勧誘の防止につながるからです。

近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったというパターンも多くなりました。配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。SNSに対する不審な行動があるかどうかは不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました