探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、最

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

探偵に浮気調査を頼むには現金(前金)が必要?

探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、最近は結構多様化してきていて、規模の大きな探偵業者では代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。

もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も少なくないので、探偵を頼んだことがバレる心配も要らないでしょう。

クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

現金での着手金(前金)が必要な探偵が多いのは、あるいみ当然で認可された探偵が全国に約5,000社。この7割以上が個人事業主なので、やはり現金がメインの支払い方法となるでしょう。

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま済んでしまうことのほうが多いでしょう。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。
もし、今の家庭環境に不満でも、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、いくらなんでも都合がよすぎると世間一般では思うでしょう。嫁か旦那のどちらかに原因があるとしても、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。
ましてや子供には責任はないはずです。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。

探偵の依頼の約8割近くが浮気調査とう事実

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、一番多いのは浮気の調査ですね。

もちろん、その証拠を集めるには相応の経験とカンが要求されます。それに、思いがけない展開でも、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、用心に用心を重ねるのがプロの探偵です。

探偵業者に回ってくる依頼の多くは不倫(の疑い)の素行調査です。不審な行動があるので、不倫をしているか調べてくれという場合や、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠の精確さが大事ですから、その道のプロを利用するのが最良の選択だと思います。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。

例えば、単刀直入に質問してみるといいのです。
嘘をつく人間というのは快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。

ちょっと質問しただけなのに、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。やましいと感じていると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。
目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。

 

現金払いの探偵とクレジットカード決済の探偵

大手以外にも多くの探偵業者がありますから、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。

インターネットで検索してみるとそこを利用した人のクチコミ評価などを見ることができます。

土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で好評価を得ている探偵を見つけて、そこで話を聞いてもらえれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。

探偵業者を選ぶなら、まずそこの評判を調べるのが大事です。悪い口コミが入っているようなところは、請求される料金の明細が不明確だったり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もありませんし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。

どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、格安価格を売り物にしたり、一律価格を謳う会社が増加する傾向にあります。しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもないわけではないので、もしそこに依頼するなら、疑問点について説明してもらい、時間とお金を無駄にすることがないよう注意しましょう。

よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、嫁として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。男性の自尊心を優先し、服装や美容にも気配りを忘れずに、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、家庭内も円満で浮気される心配もないように思います。

浮気を未然に防止するために、二人でいる時間を作り、自分たちが不満に思っていることは何なのかを確認しあうのも大事なのではないでしょうか。

調査業者を選定するときに気になってくるのが、総コストではないでしょうか。
コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減します。
素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間の調査だったとして、一般的には2万円前後です。

安ければいいというものでもないでしょうから、プロに相談して見積もってもらうのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。
どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵会社に依頼するのが一般的かつ確実だと思います。

質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、複数を比較することが大事だと思います。調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知っておく必要があるでしょう。
法外な請求をしてくるような悪徳業者を避けるための自衛策でもあります。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたからというのが少なくありません。

自分とのことを考えてくれている人に対し、心苦しく感じたり、W不倫の現実に辟易するのです。

もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、精算したいという気持ちになるようです。

現金を払う前にまずは匿名の無料相談で探偵に

最近の探偵業者は、無料で相談員と話ができるケースが結構あります。
右も左も分からないまま依頼してしまう前に是非とも活用したいサービスです。信頼できる会社かどうか理解を深める指標になるからです。

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、頭の中でもやもやしていた問題を洗いなおすきっかけにもなります。

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。

それは配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

とはいえ、単純に探偵の調査が至らず証拠をあげられないというケースもないわけではなく、総合探偵・興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめ確かめてから契約することで回避できるでしょう。

また、探偵や相談員とよく話し合うことも、良い成果を得るためには重要です。
配偶者(夫・妻)の不倫で悩んでいるなら、総合探偵・興信所や探偵にいきなり調査をお願いするより、業者が行う無料相談を試してみると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、見聞きもしたことのない業者に浮気調査を依頼するのは、いささか心配でしょう。

そうした心配を解消するために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。まずは大手や中小にこだわらず、対象地域に営業所があるかどうかネット検索すれば会社の数は限定されます。

いくつか選んだところで電話で相談員に調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。相手は専門家ですが、話をしてみないと、安心して任せられる業者かもわからないです。

電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。通常の金銭感覚からすれば、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、高いように思う人が多いようです。

ただ、安さで依頼したところで肝心の不倫の裏付けができなければ、お金の無駄どころではありません。

結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。

しかし、高値設定のところほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが一概に決めかねるところがあります。

 

不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

そのときは、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。

だいたい不倫行為は、道義上許されない行為です。精神面では慰めにならないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。

もし配偶者が不倫している疑いがあり、興信所で調べてもらおうと考えているなら、一律いくらとか安価なところは魅力的です。ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心にこしたことはありません。

やはり安かろう悪かろうという例もあるわけですし、調査を頼む際は、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈旦那かどうかもチェックしておかなければいけません。

最近はデジタル技術が発達したので、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。

気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使わせることさえできれば、今いる場所がわかるのです。

それで罰則があるというわけでもありませんし、自力で配偶者(夫・妻)の浮気を見つけようと思ったら、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。

浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵会社によって幅があります。話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、契約前にいくつかの会社で見積書を提示してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。

また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。不倫相手を特定してから3年間、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年間が請求期限となります。

もし時効まで時間がないときには提訴すれば、時効はなくなります。時効になったら元も子もありませんから、その前に裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、探偵業界では大手業者に依頼すると安定した仕事をしてくれるように思います。

中小にも良い会社はあるはずですが、中には充分な調査をせずに高額な料金をとったり、費用の説明が不十分なところもあるからです。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、良い検討材料になりますね。

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。

ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、むこうが気付くようなことは、まずないはずです。しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、気付かれてしまったという事例もあります。

<関連ページ>

依頼しないほうがいい探偵と興信所

興信所や探偵社に頼む費用はいくらなの?

調査が完了するまでは、普段と変わらないようにしてください。もし配偶者(夫・妻)の浮気調査で探偵を利用するのであれば、相応の額が必要です。探偵業務にかかる費用は、浮気調査を例にとると、20万円(4万円で5日間)程度はかかると思って間違いないでしょう。

費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、たいていの調査であれば、概ね5、60万程度と考えていれば足りるでしょう。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くついて当然でしょう。

配偶者(夫・妻)がどういう態度をとってくるかによって大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、慰藉料を請求されることだってあります。不貞行為が明るみに出れば、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にしてこれからを生きていかなければなりません。

探偵に頼む|浮気相手ある意味で加害者に慰謝料を支払うように要求すると

配偶者に浮気を認めさせるため、そして離婚や慰謝料を得るためにだって、言い逃れできない証拠が何が何でもカギになると断言できます。動かぬ証拠を突きつければ、トラブルにもならずに解決できることでしょう。

最近依頼が増えている不倫とか浮気調査の現場は、難しい調査条件のときの証拠の現場撮影が少なくないので、探偵社とか所属する探偵ごとに、尾行術・カメラなど撮影のための機器について大きな違いがあるので、前もって確認が必要です。

長年絶対に浮気は一度もやっていない夫が本当に浮気したということが判明したら、精神的なダメージが強烈で、相手の女性も真剣な気持ちの場合は、離婚する夫婦だってかなり多いのです。

子供がすでにいるのであれば、万が一離婚して親権は夫のほうが取ることを考えている方だったら、子供の母親たる妻が「浮気に時間を取られて育児を放棄したままだ」についてのハッキリとした証拠の提出も求められます。

本人が浮気している証拠をつかむのは、様々な理由があって成功しないことがあるので、浮気調査の必要があるなら、クオリティーの高い調査ができる探偵や興信所にご相談いただくほうが一番良い選択だと言えます。

家族の幸せのために、全く不満を言わず妻としての仕事を妥協することなく行なってきた妻は、浮気で夫が自分を裏切っていたことが判明した途端に、ブチ切れてしまう傾向が強いようです。

もしもあなたが「私の夫が知らない誰かと浮気?」なんて疑い始めたら、あわててキレて騒ぐとか、責め立てるのはいけません。とにかく確証を得るためにも、落ち着いて情報収集すべきでしょう。

加害者に慰謝料を支払うように要求するということなら不可欠とされている条件に達していなければ、支払われる慰謝料がほんのわずかな額になるケースや、さらに浮気や不倫の加害者に請求不可能になってしまうことになることもあります。

たとえ妻の不倫が主因になった離婚だろうと、二人で築いた動産、不動産などの財産の二分の一というのは妻の財産なのです。このような決まりがあるため、離婚のきっかけを作った妻側が財産を分与してもらえないということはないのです。

調査などを申し込みするのであれば、細かな料金がいくらなのか知りたいのですが、探偵社や興信所の料金については、個別に見積もりを出してもらわなければ確認はむずかしいというわけです。

配偶者の起こした不倫問題による離婚の危機の方は、とにかく大急ぎで配偶者との関係改善をすることが欠かせないのです。ぼんやりとして月日がたてば、関係はなおも悪くなるばかりです。

素行調査を申込むのであれば、先に間違いなく聞いておきたいのが、どのようなしくみでいくら料金が素行調査に必要なのかです。調査時間制、ひっくるめたセット料金、成功した場合の報酬等、探偵事務所それぞれでかかる料金についての基準に大きな差があるので、これは必ず確認してください。

時給については、探偵社独自のものなので全く異なるのです。けれども、料金を確かめたというだけでは探偵の優秀さは見極め不可能です。あちこち聞いてみるのも重要なポイントといえるでしょう。

不倫・浮気といった不貞行為によって幸せな家庭そのものを台無しにしてしまい、最終的に離婚まで行きつくことだってあります。それだけではなく、心的損害賠償に対する慰謝料の要求なんて難題も発生することになるわけです。

浮気している明らかな証拠を入手することは、夫に説諭するという時にも用意しなければいけませんが、復縁だけではなく、離婚してしまう選択もあるかもしれないというのであれば、証拠の重要性はもっと高まるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました