探偵は相談を無料で受けますが、話を聞くだけの仕事ではありませんので、調査

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

探偵への相談は無料だけど注意点も

探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査を依頼するときは代金が必要になります。それに、依頼する調査の内容次第で見積り額も変わってくるでしょう。

無料の相談はありがたいですが、ボランティア活動ではないので依頼者はお客様となるのです。

もちろん、裁判に有利になる不倫の証拠を取ってくれるので、優良な探偵に無料相談はおすすめします。

匿名(とくめい)はもちろん、非通知での無料通話(フリーダイヤル)もありますので、(大手の原一探偵事務所など)こういったところは活用しまっしょう。

浮気調査や人探しを依頼させることも営業としてあります。

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の額が必要です。探偵の相場ですが、一般的な浮気調査でだいたい3日で12万ないし14万くらいを見込んでおくといいと思います。

請求は調査内容や調査期間で変動するものの、たいていの調査であれば、概ね5、60万程度と考えておくと不足はないと思います。一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。いまどきのGPSの精度はとても高く、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象の位置の把握は難しいことではありません。

外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾調査の精確性は大いに向上します。

追跡して行動を窺うような調査だと、所要時間というものがあります。どのくらいの期間を要するかでも費用は変わりますが、所要時間が多ければ、費用も多く見込まなければいけません。

 

探偵と便利屋と別れさせ屋

特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるんですよ。

何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、警察署経由で所管の公安委員会に開業開始届出書類を提出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。

法規制がない便利屋と違い、頼む・雇う者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。以前も旦那・夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。

問い合わせや無料相談は複数の会社に行い、もっとも相談員さんの対応が良かった会社に頼むこと。

興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は不問といっていいでしょう。

ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、公安委員会に届け出書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、認可を受けることが不可欠です。

浮気かも?探偵に相談したほうがいいのか

気になる浮気の気配があるなら、無料相談だけと決めて探偵や興信所に問い合わせするのでもいいでしょう。

浮気の調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。世間的には離婚した際、浮気経験のある親というのは親権が得にくいという話が蔓延しているようです。

道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

総合探偵・興信所や探偵を利用する事由の大半は、身辺調査だと思います。

基本は浮気ですね。ちょっと気にかかることがあるから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、頼む・雇う者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

軽いはずみで不倫をする配偶者について

ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。

旦那・夫婦関係に嫌気がさしたからといって、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。夫婦間の問題は不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。

子供の親権というものは、裁判では同居の有無や子育てに対する積極性といった点を見ていきます。

最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが最優先で考えられているわけです。

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。

浮気の相手が判明してから3年、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。

ただ、時効間際といっても諦めないでください。

慰謝料請求訴訟を起こせば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。

時間がなければ訴訟に踏み切ることも方法の一つです。

浮気相手に慰謝料の要求するなら探偵で相談

とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、確実な裏付けが必要ですから、仕事慣れした探偵に頼むのが賢い選択でしょう。配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。慰謝料として要求される金額は、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりの違いがあります。支払いがつらければ、減額が可能かどうか相談してみるのも良いでしょう。きっぱりと不倫関係を解消させるには、明確な浮気の証拠をつかみ、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。

不倫の相手のほうでは考えなしにやっているという実態もあります。代償としての慰謝料を要求することにより、自分たちがしたことを実感させるわけです。

浮気に依存しやすい人というのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。

共通する点といえば、やはり精神的なストレスでしょう。ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを持っている時間が長くなり、精神面や体の不調として出てきます。

そして、裏切られた配偶者もまた、ウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。

簡単です。遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。

大抵の人間はウソをつくとき、必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。

また、簡単な返事で済むところを、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。心に負い目があると、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。落ち着かず目を泳がせるので、見ていて分かります。

こちらが落ち着いているほど効果的です。

 

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。私28歳、旦那・夫36歳。

小2と幼稚園の子供がいます。夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、旦那・夫婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てるわけです。

簡単なことではないでしょう。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士の方にお願いし、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。不倫調査の頼む・雇うを受けた探偵業者は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で行動調査を行っていることもあります。相手の追跡・尾行はお手のものですし、張り込みもします。

交友関係を絞っていき、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。業者によっては、社外の人間には違法ではないけれど極秘の調査手段が存在するらしいです。

普段は無縁な探偵社ですが、悪質でいい加減なところもないわけではないので、頼む・雇うするなら事前に情報を集め、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、納得いくまで説明を聞いてから契約を交わすと良いでしょう。

想像がつくかもしれませんが、探偵業で頼む・雇うされる調査のほぼ8割は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。

とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを具体的に説明しますね。

標準的な不倫調査としては、まず、追跡します。いわゆる「尾行」です。

頼む・雇う者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って浮気の裏付けをとります。一番明らかな証拠は写真ですね。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては気がひけることでしょう。もし最初から実名で相談するのが不安なら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる事業者も存在します。

とりあえずそこで相談し、信用のおける業者であることがわかってきたら、あらためて個人情報を伝えるという方法もあります。非嫡出子でも認知を求めることは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。

戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、親子関係では非常に重要な手続きとなります。不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。

子供なんて出来てしまったら大変ですから、どうにかして浮気を止めないと、長い将来にわたって多大な支出も生じかねません。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、素人が浮気の証拠をつかむのは困難でしょう。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。

浮気相手がいることが分かったら、探偵を雇って調査してもらいましょう。ある程度、費用は必要ですが、浮気相手と出かけているときの写真等、しっかりとした証拠を揃えることができます。

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、既婚者同士の恋愛に発展することも大いにありえます。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、学生時代のノリでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。同窓会出席を契機に、配偶者が不審な行動をするようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

不倫調査を頼む際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをはっきり伝えることが必要不可欠です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。その希望次第で調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくる場合が多いからです。

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金を請求されたという事例もあります。驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。

オプション発生時の条件がはっきり書かれているはずです。だからこそしっかりと確認しておかなければいけません。もし不明な点があるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも大事だと思います。

これから探偵業者を使おうと思ったら、まずは先に電話をかけましょう。それがファーストステップです。

電話でスタッフと話してみて、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。そこで契約に必要な説明を聞いて、信頼できる会社だと思ったら契約になります。

ここへ来てやっと探偵による調査が開始されます。

子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、つい浮気したんです。

ずっと家庭から出ず、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。

挙動があやしいと、すぐ主人にバレて、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められる事態になりました。

浮気調査を探偵に頼む・雇うする際、調査にかかる費用というのは、実に気になるところだと思います。業者にもよりますが、近頃は相談や見積りを無料で行うところも増えていて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、むこうの事務所の代わりに、表通りにある喫茶店など人の多いところで相談すると良いのではないでしょうか。違法な勧誘を避けることができます。

探偵社の調査員になって5年目ですが、不倫の証拠集めには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠だと思います。

その上、突発的な事態に対し、即座に判断して行動する応用力も必要です。

不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼者に不利益をもたらしかねませんので、最大限の用心をしつつ調査につくのは常識です。

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域の専門性で選ぶのも手です。

相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に依頼するようにしましょう。

土地勘がある調査員がいるほうが調査を進めやすく、克明な報告を得ることができるでしょう。

それに依頼する内容や諸条件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。

先にウェブで情報収集しておき、電話で話をして確認しましょう。

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

そのような方の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

浮気相手と二股かけられていたことでパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるという例も多いです。

もし離婚せず、旦那・夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました