無料相談でも電話しようと思うとためらうのが興信所と探偵社の違いです。

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

探偵と興信所の浮気調査は違うの?

いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。実際、扱う仕事はほぼ同一です。

離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、浮気の証拠が不可欠です。

自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に重宝するはずです。探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。

こう考えたあなた、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあることにお気づきでしょうか。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業は個人であろうと法人であろうと、警察署経由で所管の公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。

きちんとした法律に定められているくらい高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。

探偵の仕事といえば、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。相手にわからないよう後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、追跡・尾行する人間は相手の行動を冷静に先読みして予測しなければいけません。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。たちの悪い興信所にあたってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは用心してかかるべきです。

断って帰宅したあとでも、しつこい電話勧誘がくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。

しっかりした探偵社なら、けしてそのような行為はありません。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても苦しいかもしれません。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することがあるからです。

ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。

グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのは不本意ですよね。ですから、あらかじめきちんと調査するほうがいいでしょう。

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくることは浮気の場合、当然ありえることです。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方旦那・夫妻が結婚を継続するか否かで変わってくるものです。

離婚「しそうになった」からといって非常に多くの慰謝料の請求があったら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしてください。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。「私より他の女性を優先した」とか手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気扱いする人もいますからね。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで精神的にはどうであれ不貞となるのですが、どちらにせよ、夫婦間では不倫を疑われるようなことは慎むにこしたことはありません。

探偵や興信所を雇う前にお金の話

探偵を雇って不倫調査をしてもらう際は、標準的な価格相場ぐらいは調べておいたほうが良いです。

不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところもあるので、身を守るためでもあります。そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、よくわからない諸経費や天候割増など、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、けっこう業者さんって多いんですね。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、こちらの気持ちをよく理解してくれた会社に調査してもらいました。

わかってて依頼したものの、あれだけの証拠を目の当たりにすると、のどの奥が固まるような気分でした。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。

人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ちょっとウェブで調べてみると、そこを利用した人のクチコミ評価などを見ることができると思います。

地域性もある仕事ですから、地元近辺で評判の良い会社を選び、依頼すれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。

ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、請求額でもめるケースがないわけではありません。

先に見積もってもらった金額に高額なオプションが付加されたり、あわてて契約の解除をしようにも、頼む・雇う者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。やはり、契約前にきちんとチェックするのが必要だと思います。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、ほかのところを探せばよいのです。いざ浮気調査を探偵に頼む・雇うするとなると、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、発注者に情報提供する探偵の仕事というのは非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、不当な行為を働く業者による被害から個人を保護するために策定され、現在に至ります。

不倫していたことが問題になって離婚するときに揉めて、家裁での調停に持ち込まれることもしばしばあります。

裁判所から任命された調停委員が加わったうえで離婚のための意見調整を行うため、当人同士や親戚内で話し合うよりも解決に向けて進展しやすいため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。

あまり怖がる必要はないでしょう。

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。

あながち嘘ではないでしょう。

自己中心的な考えで、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯が知られた時点で最後だろうなと覚悟して暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。

不倫経験者なんかと結婚しても、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、ストレスは相当なものでしょう。

探偵を頼むには、まずは先に電話をかけてみることからスタートです。実際に相談員と話して、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。

その場で打ち合わせをして納得したら契約書を交わし、そこから実地での調査が始まるでしょう。夫・妻(配偶者)が浮気をしている気配があって興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。

しかし安さの根拠も定かでない会社は用心にこしたことはありません。

安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っていることがありますからね。

お金を払って頼む・雇うするなら、誠実な会社なのかどうかも調べておくと良いでしょう。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者から「子供がほしい」と言われたというのが実は結構多いのです。そこから相手に後ろめたさを感じるようになったり、先のない不倫という関係にうんざりする気持ちが出てきたりします。

それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れを切り出すきっかけになるのです。興信所に不倫調査等を頼む際は、だいたいの相場を理解していないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と計算しておくと良いでしょう。時間数が増えてもディスカウントは期待できず、費用はかさむので、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。探偵業者に回ってくる依頼の多くはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。不審な行動があるので、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、ニーズに応じた調査を行います。

パートナーはもちろん、浮気相手から慰謝料をもらおうと思ったら、はっきりとした裏付けをとるためにもその道のプロを利用するのが賢い選択でしょう。

いまどきの探偵業界の傾向として、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところもあるようです。

複数の会社に相談することもできますから、依頼前に活用して損はないと思います。

信頼できる会社かどうか理解を深める上で重要な情報が得られるからです。ベテランのスタッフと話をすることで、混沌とした気持ちや問題点を洗いなおすきっかけにもなります。

興信所や探偵は無料相談、無料見積が多い

興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、作業には支払いが必要です。

もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

もっとも頼む・雇うの多い追跡調査ですら、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金は変わりますので、所要時間が多ければ、それだけ多くの費用を必要とします。

離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないと思います。

離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、肝心の証拠を押さえておけばメリットはあるはずです。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、モヤモヤしているのが嫌ならその道のプロ(探偵)に相談するのがいいでしょう。調査を探偵に頼む・雇うしたときは支払いがつきものです。肝心の決済(支払い)方法は、比較的大手事業者であれば分割払い(クレカかローン)ができるところもいくつかあります。

すぐにでも浮気調査をしてほしいのに支払いでためらっているのであれば、分割払い可の業者を中心にリストアップしていくといいのではないでしょうか。

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。双方とも探偵の業務を行うという点では共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。

不倫調査という点でいえば、同じものと思っていただいて支障はないでしょう。ただ、ある程度、得意不得意などもおのおのの会社で違ってくるので、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気する人は一定数いるようです。

退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、ふとしたLINEやメールの着信によりまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが寛大すぎたことが考えられますから、次はないということを実感させるような厳しい措置が不可欠です。

総合探偵・興信所や探偵選びで迷ったら、とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域を頭の隅に置いて、ウェブで検索してみると良いでしょう。

クチコミなども参考にして選んだら、直接電話で依頼したい旨を伝えてみましょう。

とにかく話を聞いてみなければ、信頼できる探偵社かどうか判断しようもないです。

電話から最初の一歩を踏み出しましょう。なんとなく不倫の気配を感じたら、証拠を探したほうがいいでしょう。あきらかな不倫の証拠というと、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を手に入れるなんて行為は、困難でしょうから、代わりに探偵社に依頼することも考える価値があるのではないでしょうか。探偵業を営むには取り立てて特殊な資格等は求められません。

とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許可を取り付けることが開業の大前提となります。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

別に不倫の調査なんてする必要がないのではと考える人は多いです。ただ、浮気というのは意外とあるもので、女性の気配のないような会社でも安心してはいられません。

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。

もし疑いをもつようなことがあれば、不倫の調査に詳しい探偵業者に頼む・雇うすれば、いたずらに心配せずに済み、気持ちの上でも安らかになるはずです。

クラス会やOB会では禁断の恋に陥ることが本当に多いです。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、元クラスメイトということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。クラス会や同窓会後に挙動が怪しいと感じるようなら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました