うちは3年前に結婚し、妻はひとつ年下で専業主婦をしています。つい最

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

妻が同僚の男との浮気していたことが発覚

うちは3年前に結婚し、妻はひとつ年下で専業主婦をしています。

つい最近、同僚の男との浮気が判明。しかし、指摘された妻のほうは逆ギレで、それっきり話もしません。

頭がパニックです。彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。

このままなかったことにするつもりなら、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

つまり、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。

それには証拠固めが不可欠ですが、証拠さえ入手すれば、気の済むまで「報い」を受けてもらうことができます。ときには浮気の相手方の職場やPTA、親族などに密告する人もいるようです。

噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。

調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。

肝心の決済(支払い)方法は、名のしれた大手探偵社等では分割払い(クレカかローン)に対応しているところもあります。不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、代金の都合がつかないという場合は、分割OKの事業者を探して依頼するのも良いかもしれません。不倫調査を頼む際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかを明確にしておくのは欠かせません。

不倫関係を解消させたいのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは頼む・雇う者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。何を目標にするかによって調査期間や手法が異なるわけですから、大事なことです。不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されることがあるからです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを回避するには、調査で証拠を確保するほうがいいでしょう。

総合探偵・興信所や探偵社で行う浮気調査

総合探偵・興信所や探偵社で行う浮気調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。

それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてなんだかとても「得」に見えますよね。

ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、日数の長期化があらかじめどこまでわかるケースでは引受できないということもあるようです。

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。

探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法でターゲットの調査にあたることもあります。

行動追尾や張り込みは言うまでもなく、交友関係を絞っていき、場合によっては周囲に聞き込みなどもして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。

ただ、社内機密といって公表されていない調査手法なども存在するらしいです。

不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思われるかもしれません。

ただ、浮気というのは意外とあるもので、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。

出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

もし疑いをもつようなことがあれば、不倫の調査に詳しい探偵業者に頼む・雇うすれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、メンタル面でもプラスになると思います。

総合探偵・興信所が作成する調査報告書は、特にフォームに決まりはありません。ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで利用する可能性がある場合は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できるデータに基づいた調査報告書でなければ価値がないわけです。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、探偵社を選ぶようにしておけば安心です。

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが実は結構多いのです。

そこから相手に良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、ここぞとばかりに関係解消へと動いてしまうのです。探偵の看板を掲げるには特に資格や免許などは要求されません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許認可を出してもらうことだけは省略できません。

安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。会社規模が大きければ大きいほど100パーセント素晴らしいとは言いませんが、やはり規模が大きめの探偵社(総合探偵・興信所)に頼むとリスクを避けることができるのでオススメです。中小にも良い会社はあるはずですが、中にはきちんとした探偵業務も行わずに金銭だけを要求してくるところやコストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、頼む・雇うするかどうかの判断材料になるでしょう。

 

妻の日常の変化や態度とSNSは浮気に気付くキッカケに

スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、それが元で不倫が判明するといったケースが増えています。

パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新しているときは、不倫相手と連絡を取り合っていることも考えられます。

配偶者の態度とSNSは浮気に気付く材料になるかもしれません。スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。

ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。

私たち旦那・夫婦の身近な人間なのかなと、ケータイチェックを試みたものの、なんと、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。

言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

どうしたらよいのか、思案中です。最近はデジタル技術が発達したので、GPSの衛星測位システムを使って浮気を容易に把握できるようになりました。スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手にプレゼントすれば、相手の現在位置が分かってしまうのはすごいですね。別に違法というわけではないですし、相手の不倫を自力で見つけたいときはこれを使ってみるのも手ですね。追跡・尾行で探偵必携の道具というと、従来は発信機がありましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧型の発信機と比べると明らかにターゲットを見失う危険性が減りました。

いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾の成功率はグンと上がるのです。

探偵社への頼む・雇うの仕方は、まずは先に電話をかけます。

心配なら非表示でかけるのもOKです。実際に相談員と話して、その上で詳細な話をするとなれば、事務所まで出向くことになります。

その場で打ち合わせをして任せても良いと判断したところで契約書を交わし、そこから調査員へのGOサインが出されます。

クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになる可能性が高いです。

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さからお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。クラス会や同窓会後に挙動が怪しいと感じるようなら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、相手を否定しないこととかですね。

私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。

絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、家計のことで責めることもしません。

男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないと思うのです。

私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業としての規模によるところも大きいでしょう。全国各地を営業エリアとしているところは、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

また、大規模な業者では相談員や調査員の教育にも積極的でそうしたところが調査報告書にフィードバックされてくるわけです。

不倫相手の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくることは充分考えられます。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方が離婚するかどうかで変わってくるものです。仮に離婚せずに多額の慰謝料を請求してきたときは、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。探偵に浮気の素行調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにやってもらうことはできませんから、誠実な会社に頼むべきです。安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルを招くおそれがあります。

あとになってガッカリすることがないように、あらかじめ情報集めをして、誠実そうなところを選ぶことです。

普段は無縁な探偵社ですが、とんでもないインチキな会社もないわけではないので、ネットでクチコミをチェックするなどして、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。また、不倫の追跡調査等でも、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。調査費用、所要期間(時間)等については、説明をしてもらって納得できたら契約するようにしましょう。

色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でやはり一番多い答えは、配偶者への暴露です。普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのはそう簡単なことではありません。

そういったことを専門にする探偵会社に相談し、調査してもらう方が、確実性があるというものです。

そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。

前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。

確証が欲しくて、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。

問い合わせは複数の会社に行い、こちらの気持ちをよく理解してくれたところに調査を頼む・雇うしました。

いくら浮気を疑っていても、決定的な証拠を目の前にすると、頭の奥がスーッと冷えました。

どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵会社に依頼するのがもっとも確実です。

質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、少し手間をかけても複数の会社を比較することが大事だと思います。

調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいはおさえておきたいところです。悪質な価格設定の探偵を見分けるには大事なことだからです。

探偵社の調査員になって5年目ですが、比較的件数の多い仕事といえば浮気の素行調査でしょう。

証拠を押さえるためには相応の経験とカンが不可欠だと思います。その上、突発的な事態に対し、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと多少疑われるだけでも頼む・雇う者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、常に細心の注意を払うことは常識です。対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

パートナーの不倫で悩んでいるなら、探偵業者にすぐ調査を頼む・雇うせず、そのような業者が行う無料相談を利用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、見知らぬところに個人情報を伝えて調査してもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。安心のために探偵を雇うのですから、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。探偵を雇って不倫調査をしてもらう際は、最低限、相場というものは調べておいたほうが良いです。

頼む・雇う者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者もあるからです。

それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、規定外作業や割増時給だの、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、納得がいくまで確認すると良いでしょう。

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもそんなに珍しいものではありません。

話に出てくる探偵というのは単純で、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、非常に難しいです。

先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、調査は専門家に依頼するべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました