前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。確証が欲しくて

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。確証が欲しくて、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。

比較のために何社か連絡してみたのですが、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵会社に頼むことにしました。

わかってて依頼したものの、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、やはりショックでしたね。探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。

たとえば、浮気の素行調査等で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を契約前に確かめておくのが大事です。

そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することも、良い成果を得るためには重要です。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。

インターネットで検索してみると探偵社の評価や得意分野等がわかるでしょう。地域性もある仕事ですから、地元近辺で評判の良い会社を選び、そこで話を聞いてもらえれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。

だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として圧倒的多数を占めるのは、「ばれてしまったから」です。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのはそう簡単なことではありません。

そういったことを専門にする探偵会社に相談し、調査してもらうのが効果も高いうえ確実です。ただ、これは怪しいと気付くのは自分でやらなければいけません。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、夫・妻(配偶者)にしてみれば、人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。その許す事ができない行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。

浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡を取り合っている可能性は高いです。

不倫の調査は探る相手が顔見知りですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も想定しておかなければいけません。

探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に不倫の証拠を得られるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。探偵や興信所といった調査業を始めるときは、とくに決まった資格や免許等は求められません。

そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、探偵業届出証明書の交付という許認可を出してもらうことが不可欠です。

これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。話をしに行っただけで料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は危ないと思ってよいでしょう。

断って帰宅したあとでも、やたらと電話で勧誘してくるのは劣悪な業者とみて間違いありません。

誠実な探偵業者は人を不安にさせるようなことはしないはずです。探偵業者と一口に言っても、中には詐欺かと思うようなでたらめな業者も存在するので、評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

また、不倫の追跡調査等でも、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。

調査に要する時間と代金は、納得いくまで説明を聞いてから依頼するようにしましょう。配偶者が浮気する理由として多いのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったというものです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫を美化してしまうところもあるようです。

そんなことにならないよう、二人で歩み寄って、おたがい何が不満なのかを見つめなおすことが必要ではないでしょうか。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、やはり人によって違ってきます。

「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と感じる人もいます。

不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為になるものの、結婚生活に波風を立てないためには、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。夫・妻(配偶者)の浮気に気づいたら、ぜったい裏付けをとるべきです。その際、証拠となるものは、写真でしょう。誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。個人が不倫の追跡・尾行をしたり、裁判で確実に証拠になるようなものをゲットするのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかもしれません。興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加料金が生じることもあります。その時は、まず契約書を確認しましょう。そこにはオプション発生時の条件が明記されていると思います。

ですから、それをチェックしておかなければいけません。

よくわからないことがあれば、頼む・雇う前に質問して、解消しておくのも怠らないようにしましょう。

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、そうでもないです。

比較的大規模な探偵社の場合はクレジットカードでの支払いに対応しています。利用明細にはそれとわからないような表記を採用しているところも多く、履歴から調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。興信所に浮気調査を依頼すると、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で調査をすることも、ないわけではありません。尾行や張り込みはもちろん、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査をして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。また、社外秘として違法ではないけれど極秘の調査手段がないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。

もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、自分の手で浮気の裏付けを取るということは現実的ではありません。

しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしてもうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。

浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで隠し続けていた浮気がバレるという例が多くみられます。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っている可能性は高いです。

わざわざロックしてあったりしたら、不倫の証拠はスマホの中にあると考えて間違いないでしょう。興信所や探偵社で行う浮気の素行調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

証拠がなければ調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合はお断りというパターンもあるようです。

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときにかなりの代金を請求されることもあるので注意してください。

探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、均一価格でOKという会社も増加する傾向にあります。ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあるので、契約する前に、そういった疑問点を解消し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけるようにしましょう。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。入籍する前から浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。

終わったものまで糾弾する気は既にありません。

浮気は男の甲斐性ですか。それって妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。

あんな人と人生の伴侶としてやっていく気力というのがなくなってしまって、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。興信所や探偵社に不倫の調査を頼む・雇うするなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいかはっきり伝えることは欠かせません。

夫・妻(配偶者)の不倫に歯止めをかければ済むのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかをあきらかにしておかなければなりません。何を目標にするかによって調査期間や手法が異なるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。

探偵も企業である以上、調査を頼む・雇うするときは代金が必要になります。もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

追跡して行動を窺うような調査だと、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。

日時をどのように区切って頼む・雇うするかによって料金に差は出てくるので、所要時間が多ければ、それだけ多くの費用を必要とします。

不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。

向こうが証拠を押さえていたら、言い逃れはできないです。

その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、50万くらいから何百万円までとかなりの違いがあります。その額で難しいときは、支払いの分割化や金額変更を交渉するのもありでしょう。

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

答えはノー。歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。

何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。

認可官庁によってしっかり管理され、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

不倫の行動追跡調査で、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。

現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。

この法律が発効されたのは平成19年です。

それ以前は探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、違法な詐欺まがいの業者との様々な被害から個人を保護するために策定され、現在に至ります。興信所の仕事と聞いて、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。相手にわからないよう移動を共にし、頼む・雇う人の求める証拠を見つける調査です。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、尾行する人間は相手の行動を冷静に予測しておかなければなりません。予想しえないことに備えて動くのが、この仕事なのです。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。

探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、相手の会社ではなく、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで相談すると良いのではないでしょうか。

不当な契約の強要の防止につながるからです。不倫がわかり、離婚のための裁判になると、浮気していたという証拠がなければいけません。

よくあるものとしては、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が証拠として採用される例もあります。

普通、離婚となると、不倫していた親のほうは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。

調整や裁判での子供の親権というのは、同居の有無や子育てに対する積極性といった点がチェックされます。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを重視して判定するのです。きっぱりと不倫関係を解消させるには、明確な浮気の証拠をつかみ、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。

たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちはさほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、代償としての慰謝料を要求することにより、不倫の罪や現実を思い知らせるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました