やはり不倫の証拠写真というと、浮気相手と共にホテルに入るシー

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

不倫の証拠写真と浮気相手とホテル

やはり不倫の証拠写真というと、浮気相手と共にホテルに入るシーンは決定的です。

自力でホテルの出入り口の写真を撮れないことはないでしょうが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることが少なくありません。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しようと思ったら、探偵業者を利用するほうが確実だと思います。

浮気している人の嘘ってけっこうどこまでわかるんですよ。

それには単刀直入に質問してみるといいのです。

嘘を言うときには人は必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。ちょっと質問しただけなのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。

後ろめたいことを隠しているときは、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。

こちらが落ち着いているほど効果的です。

ダブル不倫で危険なのは子供が欲しくなった

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)ことが意外に多いです。自分とのことを考えてくれている人に対し、良心の呵責を覚えるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きに愛想がつきるということもあるようです。

また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、以前からの罪悪感もあって、別れようという気持ちになりやすいといわれています。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこでポロリと不倫が発覚したというパターンも多くなりました。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたびチェックしたり、こそこそ更新していたら、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていると疑ったほうがいいかもしれません。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、ある意味、浮気の指標にもなりえます。

探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫の有無を調べる追跡調査です。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをおさらいしてみましょう。

普通の調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、調査対象の追尾を行います。

浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い

四六時中追跡・尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、浮気の裏付けをとります。一番明らかな証拠は写真ですね。この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例も増えてきました。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインのトークやメールなどに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。しかもロックをかけているのだったら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、どんな目的でどのような調査をしてほしいかあきらかにしておくことが大事です。

たとえば、別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などをあきらかにしておかなければなりません。

依頼の内容次第では調査員の仕事内容も変わるわけですから、大事なことです。

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加で料金を請求されたという事例もあります。

驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。追加料金について明記されていると思います。したがって契約書にはよく目を通して理解することは、トラブル防止に役立ちます。

疑問に思ったり心配なことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも重要ではないでしょうか。異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。

夫婦関係に嫌気がさしたからといって、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、お気楽すぎるとは思いませんか。

浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。もっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供には責任はないはずです。軽率のツケは高くつくでしょう。

広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。

浮気調査をしてもらおうと決めたところで、「ここがいい」なんてアテがないのが一般的なのではないでしょうか。探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。

申請が認可されると認可番号が交付されます。

まともに届出を出している会社なのかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。だからこそ、そこのサイトや営業所、広告、チラシに認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

総合探偵・興信所に調査を依頼するには、とりあえず電話をかけます。

心配なら非表示でかけるのもOKです。

相談に応じる職員の態度などを参考に、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、最寄りの営業所まで行きます。そこで契約に必要な説明を聞いて、依頼するという段取りになったら契約を締結し、そこでようやく、本当の調査が始まるのです。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇は難しいといわざるを得ません。

けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、現実的には口頭注意ぐらいで、それ以上の処分にはならずに終わることが多いようです。前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。

確証が欲しくて、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。

比較のために何社か連絡してみたのですが、もっとも相談員さんの対応が良かったところに調査を頼んで、結果を待ちました。

覚悟していたとはいえ、あれだけの証拠を目の当たりにすると、さすがに落ち込みました。興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、気にするなというほうが無理でしょう。

業者にもよりますが、近頃は相談や見積りを無料で行うところも増えていて、料金面での不安はなくなりました。悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、営業所のかわりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで相談すると良いのではないでしょうか。

不本意な契約を未然に防ぐことができます。浮気の素行調査などで探偵社に依頼する前に標準的な料金について知っていないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。おおむね1時間1万円からと考えておくと間違いありません。期間(時間数)が増えたりすれば費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずはそのような業者が行う無料相談を利用するというのもありだと思います。

裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、見聞きもしたことのない業者に浮気調査を頼む・雇うするのは、いささか心配でしょう。リスクや不安は少ないほど良いのですから、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。

浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子にもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メールや着信履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。

前回の浮気を反省しないで繰り返す不倫

大抵の場合、前回の浮気での対処が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、された側にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

そんな不埒な行いを放置するというのは不可能でしょう。

不倫行為の裏付けをとる手段はすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないかというと、そうでもないです。

老舗探偵社や総合探偵・興信所大手などでは、クレジットカードでの決済に対応しています。

明細書の記載に配慮したところも多く、履歴から調査会社を使ったことが配偶者に分かることはありません。

クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

浮気されたことによって心に傷を負った人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。信頼していた相手に裏切られたことでパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるといったケースもあります。

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。

フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。調査対象に内密に後を追って、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。

悟られることがまずないとはいえ、調査員は対象の動きを予測しておく必要があります。

どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。

不倫相手を特定してから3年間、あるいは不倫行為そのものがあってから20年間が請求期限となります。

それに、時効期限が近づいているときでも、訴訟に持ち込めば、期限がリセットされるのです。

つまり、時効が近い場合は、訴訟することも方法の一つです。

業界で名の知れた会社が絶対にハズレがないとは言い切れませんが、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと間違いが少ないです。

会社規模が小さなところでは、ろくすっぽ仕事もしないくせに金銭だけを要求してくるところや料金が不明確だったりする会社もあります。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。

明らかな浮気の裏付けがとれない限り、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても分が悪いでしょう。

どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定することがあるからです。

そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのは不本意ですよね。

ですから、あらかじめきちんと調査することをおすすめします。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、素人が浮気の証拠をつかむのは困難でしょう。しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を進展させるうえで役に立つでしょう。浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。

調査費用はかかりますが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。

不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。

とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女っ気のない職場環境だろうと用心してかかったほうがいいのです。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。疑わしい様子なら、探偵社に浮気の素行調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。

いまどきの探偵業界の傾向として、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースも少なくありません。

初めて探偵の仕事を依頼するのですから、時間をとってでも利用しておきたいですね。

よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、頭の中でもやもやしていた問題を洗いなおすきっかけにもなります。

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは浮気の行動調査ではないでしょうか。奥様の第六感的にあやしいから、不倫をしているか調べてくれという場合や、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、明確な証拠を得る必要があるので、やはりプロの探偵に頼む・雇うするのが良いでしょう。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、明確な浮気の証拠をつかみ、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが最も効果的です。

浮気相手は遊びのつもりでさほど罪悪感を感じていないというのが現実だったりします。慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしたことを実感させるのです。

困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。入籍する前から相手も複数。

常習だったんですね。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、男の人の浮気って本能なんでしょうか。

まさか、ですよね。

許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる価値すらないような気がして、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました