さきほど浮気の慰謝料に請求期限(時効)があるのを知り、不倫していた相手が

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

浮気の慰謝料請求には請求期限(時効)があります

なんと、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。時効といって、不倫していた相手が明らかになってから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年と規定されており、それ以後は時効です。

もし時効まで時間がないときには裁判に訴えることで、時間経過をリセットできるんです。

期限まで間がないときは、自ら裁判を起こすことも方法の一つです。パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、浮気の証拠が不可欠です。

証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを利用している写真や動画、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。

また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴を証拠採用するケースが増えました。

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

対象にそれと悟られないよう行動を追い、不倫等の証拠を押さえることです。

調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。参りました。うちの旦那さんの浮気って、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

それも結婚する前からと合わせると学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。

終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気性って言うじゃないですか。それにしても限度があると思うんですよ。

一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がありませんし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。

探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、中にはとんでもない金額を請求する会社もあるようです。

高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、確実にそうだとは言えません。

高いお金を払って、浮気の証拠はありませんでしたなんてことにならないよう、費用の相場を、契約を交わす前に調べておくべきです。

単純作業に思われがちな浮気の追跡・尾行というのは、対象と近すぎる間柄の人が行うと、追跡・尾行発覚のリスクが高いだけでなく、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もはらんでいます。その道の専門家である探偵なら、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に証拠を集めることができるというものです。調査がバレてしまっては元も子もないのですから。テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、探偵会社に依頼するのが現実的ですし、効率も良いでしょう。代金に見合った仕事をしてもらうためには、いくつかのところを比べてみるのが大事だと思います。調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは理解しておきたいですね。

法外な請求をしてくるような悪徳業者にはまらないようにするためには必要なことです。

興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再び浮気することもあります。帰宅時間がルーズになったり、携帯にロックをかけるようになったりして、また浮気をしている事実が発覚するのです。要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、彼の妻が元カレと不倫していて、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言っているのです。でもそうなったら裁判費用が要ると聞いたことがあります。不倫の動かぬ証拠をおさえて浮気の慰謝料を要求した上、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言っておきました。法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、裁判などでは分が悪いでしょう。

不倫行為(不貞行為)の証拠が法廷が認められないレベルもある

不倫行為の存在を法廷が認めてくれないこともあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。

また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを防ぐために、あらかじめきちんと調査することをおすすめします。

良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者の中から探しましょう。ローカルに強い探偵なら、仕事を有利に進められますし、報告書の内容がより克明になります。また、依頼する案件によって向き不向きもあるようですし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由かそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、最も頼む・雇うが多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るには相応の経験とカンが必要です。その上、突発的な事態に対し、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、頼む・雇う者に不利益をもたらしかねませんので、細やかな注意を怠らないことは言うまでもありません。興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、そうでもないです。規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。

クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている業者も少なくないですから、探偵を頼んだことが気付かれる恐れもありません。

クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。同じような浮気の素行調査でも、その代金は業者によってかなりの違いが出てきます。

安易に一社に絞り込まず、多少面倒でも複数の探偵社で調査費用の見積りを出してもらうことを推奨します。

そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をなるべく詳細に説明しておくと、効率良く調査できるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、嫁・妻にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。

そんな不埒な行いを黙認することはありません。相手の浮気を裏付ける方法というと身近なところでスマホ(携帯電話)でしょう。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。

男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。

しかし、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

町内会や仕事先。子供や自分の習い事。

人妻だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。

ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増加傾向にあり、旦那様側が探偵に相談するケースも珍しくもなくなってきました。子供も大きくなったのでパートを始めたところ、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、お付き合いを始めました。

まあ、不倫ですよね。長らく子供と家庭だけを軸に、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。

挙動があやしいと、主人はすぐ気づいたようで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、私のほうは慰謝料請求された上、離婚する羽目になってしまったのでした。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。

不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。請求額は概ね、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、大きな違いがあるようです。

その額で難しいときは、額を減らしてもらうよう交渉することもできます。不倫は家庭も人も壊します。

そのような中で傷ついた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。

専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

最も身近な人物に欺かれていたために、離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、自分の人生なのにポジティブになれないような人も少なくないです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。もし夫・妻(配偶者)の浮気調査で探偵を利用するのであれば、ある程度まとまった資金を要します。

探偵の調査業務にかかる料金は、具体的には不倫の行動調査の場合、3日で12万ないし14万くらいはかかると思って間違いないでしょう。費用は頼む・雇う内容や調査期間によって変わりますが、たいていの調査であれば、50万から60万くらい用意していれば足りるでしょう。

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、作業には支払いが必要です。

それに、依頼する調査の内容次第で支払い額が変わってきます。単純そうな行動追跡でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。

それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金は変わりますので、所要時間が多ければ、費用も多く見込まなければいけません。クラス会やOB会では禁断の恋に陥る可能性が高いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さからお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。

そういった再会を機に夫・妻(配偶者)の挙動に不審を感じたら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。

そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこにしたらいいんだろうと悩むのが当然です。

興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、正規に開業している業者か、違法な業者かは、この番号で分かるというものです。

少なくとも会社のサイトや広告等に番号があるかどうかはチェックするべきです。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、浮気の証拠をしっかり掴んで、不倫の慰謝料を求めるのが有効です。

GPSの浮気調査は違法行為とみなされる可能性も

浮気相手は遊びのつもりで悪いことをしている感覚はあまりないというパターンが多いです。

代償としての慰謝料を要求することにより、自分たちがしでかしたことの償いをさせるわけです。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると追跡性能が向上しました。

近頃のGPSは精度も高くなっていて、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

GPS を取り付けることができれば追跡調査の確実性は著しく増すのです。不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したというのが実は結構多いのです。自分とのことを考えてくれている人に対し、良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに愛想がつきるということもあるようです。

それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、ここぞとばかりに別れることに積極的になるでしょう。

不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、それさえあれば、気の済むまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。

家族関係の悪化や失職するなど、碌なことにならないですよ。

それを分かってて不倫するほうが悪いんです。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を進展させるうえで役に立つでしょう。浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。

調査費用はかかりますが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。

浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。

理由は、やはり精神的なストレスでしょう。

どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を持っている時間が長くなり、症状として出てくるのです。浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。

探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業としての規模によるところも大きいでしょう。広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。

著名な探偵社は調査にあたるスタッフの教育やステップアップにも意欲的で、必然的に仕事の品質にも反映されているように思えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました