一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、従来は発信機がありましたが

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、従来は発信機がありましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する依頼するのはやめたほうがいい探偵社が増え、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほどターゲットを見失う危険性が減りました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

高性能の小型GPSを設置することにより、調査の精度はさらにあがります。

近頃ではスマホが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースが増加しています。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのメールやLINEなどに浮気の証拠が残っていると考えられます。

しかもロックをかけているのだったら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。

浮気があったがために別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、家裁での調停に持ち込まれる場合もあります。家事調停委員が加わり、公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で体力的にも精神的にも助かります。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。世間的には離婚した際、浮気していた側は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。

倫理的に言うとそうかもしれません。

ただ、裁判所は違う考え方をします。基本的に親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかといった点がチェックされます。調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかが優先されると考えて良いでしょう。依頼するのはやめたほうがいい探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をしてもらうことは正直ムリですので、信頼性の高い会社でなければなりません。オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで予期しなかったトラブルや金銭問題に発展することがあります。

失敗しないよう、契約する前にネットの評判などを調べてみて、評価の良いところから選ぶのがコツです。浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由でやはり一番多い答えは、浮気が発覚したからだそうです。

とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しく、気分的にも良いものではありません。

そういったことを専門にする依頼するのはやめたほうがいい探偵会社に怪しい点を探ってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。ただ、これは怪しいと気付くのは一番近いところにいる人でなければできないことです。

最近は探偵も興信所もその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。

調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。

不倫調査という点でいえば、同じと考えて問題はありません。

ただ、ある程度、得意不得意なども業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。いざ依頼するのはやめたほうがいい探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。

そこで目安になるのは「地域」です。

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域を頭の隅に置いて、ネットで調べてみれば一目瞭然です。

そこそこ絞り込みができたら、相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、依頼したい旨を伝えてみましょう。

とにかく話を聞いてみなければ、信頼できる依頼するのはやめたほうがいい探偵社かどうか知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、相応の能力や習熟が必要でしょう。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるという話ですし、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。費用対効果があるプロフェッショナルが担当すること。

それが、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。

興信所に持ち込まれる案件の多くは、身内の方による浮気調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例にご説明しましょう。

標準的な不倫調査としては、まず、追跡します。いわゆる「尾行」です。

対象に気づかれては元も子もないので、ここぞという日時に限定して追跡し、証拠を入手します。依頼するのはやめたほうがいい探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能で、民法上でも認められた正当な権利です。戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。親子関係では非常に重要な手続きとなります。

なかなか認知されない場合、家裁に訴えることもできます。

子供ができないうちに関係を解消できなければ、いずれ大きな金銭的負担が生じる可能性があります。興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談までなら無料というところも少なくありません。

大事な案件を発注するのですから、時間をとってでも利用しておきたいですね。信頼できる会社かどうか理解を深める指標になるからです。

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて整理することもできます。調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、特にフォームに決まりはありません。

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、なんでも証拠になるというわけではないので、要点を踏まえた質の高い報告書である必要があります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、業者を選定するのをお勧めします。

探偵調査業を始めようと思うなら、資格や免許はこれといって要りません。

とはいえ、依頼するのはやめたほうがいい探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出を行い、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、認可された会社(個人も可)になることが大原則です。

野放しというわけではないのです。

依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法でターゲットの調査にあたることもあります。

相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。

相手の行きつけの場所や時間を割り出し、必要があれば周囲に聞き込みなどをするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。

また、社外秘として教えてくれない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るということは、至難の業です。

とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、話を有利に進める材料になります。もし浮気の確証がもてるようなら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。調査費用はかかりますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。私は31歳の自営業者です。

2年前に結婚した同い年の妻がいますが、子供はまだいません。

情けない話ですが、先週、同僚の男との浮気が判明。

しかし、妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

このままやっていく自信がありません。

妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。

放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るにはそれなりのワザとカンを不可欠だと思います。

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、速やかに対処する判断力も大事です。

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと発注者の安全と利益を損なわないよう、細やかな注意を怠らないことは言うまでもありません。

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、考えなしに依頼するのはやめたほうがいい探偵に浮気調査を頼むよりも、無料で相談してみるのも手です。

浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、見聞きもしたことのない業者に不倫調査をしてもらうのは、どうしたって不安なものです。安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。

最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料をゲットするのはトラブルの要因にもなりかねませんし、探偵を雇うなどのプロのワザも考える価値があるのではないでしょうか。

よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。

不貞行為を責められた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんて場合も当然あるでしょう。

表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る場合もあります。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫でハッピーエンドになることは求めてもムダというものでしょう。探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、相応の支出は覚悟しておきましょう。平均的な調査料金ですが、一般的な浮気調査でだいたい20万前後(期間5日)はかかるとみておけば間違いありません。

時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、何を依頼するにも数十万程度と見積もっておくと不足はないと思います。

ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があると世間一般では思うでしょう。本来は夫婦の問題であるのだから、不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。

軽率のツケは高くつくでしょう。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

町内会や仕事先。子供や自分の習い事。人妻だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が伸びてきているせいか、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。

不倫調査を頼む際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをあきらかにしておくことが重要です。

別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかをあきらかにしておかなければなりません。

依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、オプション料金が発生することがあります。

ただ、普通は契約書に、オプション発生時の条件がはっきり書かれているはずです。

ですから、それをチェックしておくべきでしょう。疑問に思ったり心配なことがあれば、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことがおろそかにしてはなりません。

興信所に不倫調査等を頼む際は、平均的な価格に関する知識が不足していると、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と見積もっておく必要がありますから、安いものではありません。

行動調査の時間を増やせば、支払い額に確実に影響してきますから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。

比較のために何社か連絡してみたのですが、もっとも相談員さんの対応が良かった会社に調査を依頼しました。

覚悟していたとはいえ、決定的な証拠を目の前にすると、がっくりきました。知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら依頼するのはやめたほうがいい探偵社といっても勇気が要るものです。もし最初から実名で相談するのが怖いというのであれば、匿名での問い合わせや相談に応じている会社もあるので、うまく活用して、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇はできないようです。

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま曖昧に済まされることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました