アラサー会社員(30代後半)で同い年の妻が不倫。子供はいませんが先週

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

同い年の妻と同僚の男との浮気が判明

アラサーの会社員です。同い年の妻がいますが、子供はまだいません。先週末に突然、同僚の男との浮気が判明。しかし、妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

頭がパニックです。妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。

このままにしておくつもりはありません。

こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。

尾行と浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。時には極端に高い料金を請求してきたりする例もあり、注意が必要です。調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。

成果があればこその対価であるのに、浮気の証拠はありませんでしたという結果に終わらないよう、あらかじめ標準的な費用についておさらいしておくべきですね。

探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。

事務所所在地や代表電話といった情報は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。

受付専任のスタッフがいて、ケースごとの概算で見積りを出してもらえます。

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、価格と調査内容を照らしあわせて考えてみると良いでしょう。

あとから内容の変更も可能です。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくるのは覚悟しておかなければなりません。

気になるのがその金額ですが、相手側の離婚の有無で変わってくるものです。離婚もしていないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。

配偶者の不倫を疑い、探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、結構ありますね。

素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。

妻は職場の同僚と一線を超え不倫

一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。

たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、安直にも程があるように思えてなりません。

夫婦の間で生じた不満なら、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。

ましてや責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。

後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。

近頃はスマホを情報源として隠し続けていた浮気がバレるという例が増加しています。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインのトークやメールなどに浮気の証拠が残っているかもしれません。

ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、十中八九、浮気の証拠がそこにあるでしょうし、本人のガードも堅いと思います。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気は男ばかりじゃないはずです。パート、PTA、習い事など、女性なりに出会う機会なら色々あり、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

近頃は女性の浮気も増加傾向にあり、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースがあとを絶ちません。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、時間もコストも削減できます。

何もかも調査員にやらせようとすると、一から浮気の証拠を得るのですから時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。

そばにいれば気付くことも大いにあるはずですし、何気ない風を装いながら判ったことを記録していくのが良いと思います。依頼するのはやめたほうがいい探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気の行動調査ではないでしょうか。奥様の第六感的にあやしいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、はっきりとした裏付けをとるためにも依頼するのはやめたほうがいい探偵に依頼するのがおすすめです。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と近すぎる間柄の人が行うと、露見しやすいですし、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も無視できないでしょう。興信所の調査員に依頼すると、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、シロウトが行うよりずっと上手に浮気の裏付けがとれるはずです。

トラブル回避のためにも利用をお勧めします。尾行と浮気調査なんていちいちしなくてもと思っている人は少なくないでしょう。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、男だらけの職場でも用心してかかったほうがいいのです。

出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

もし疑いをもつようなことがあれば、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。

どうやらダブル不倫らしく浮気相手も妻子持ち

W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたというのが実は結構多いのです。

そこから相手に良心の呵責を覚えるようになったり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌気がさしてきたりするようです。また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、後ろめたさも手伝って、ついに別れようという気持ちになりやすいといわれています。探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、もっとも気にかかる問題でしょう。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積もりなしに契約することはないので安心です。悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、表通りにある喫茶店など人の多いところで相談すると良いのではないでしょうか。不本意な契約の防止につながるからです。

もしパートナーの浮気が発覚した際は、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気を鎮めるのが先決です。

どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、やはり離婚や慰謝料なども勘案しなければいけません。夫婦で話し合う時間を確保し、これからどうするかしっかり話し合うと良いでしょう。どの依頼するのはやめたほうがいい探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。

まずは大手や中小にこだわらず、地域を頭の隅に置いて、ネット検索すれば会社の数は限定されます。いくつか選んだところで電話をかけて、相談しましょう。

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、依頼するのはやめたほうがいい探偵社の雰囲気すら判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。

気をつけるべきなのは、相手の言動を否定しないこと。

要望やお願いはいっぱいありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、外見にも気を遣い、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)ように思います。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

パートナーに浮気の事実をつきとめられ、家族がばらばらになったり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならないことも考えなければなりません。

倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚する場合もあります。

いずれにせよ、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんて金輪際ありえないのです。大手以外にも多くの依頼するのはやめたほうがいい探偵業者がありますから、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ウェブを利用することで、そこを利用した人のクチコミ評価などを知ることができるでしょう。地域性もある仕事ですから、地元近辺で満足度の高いところを選んで、そこで話を聞いてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。

興信所に持ち込まれる案件の多くは、身内の方による浮気調査です。

探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でおさらいしてみましょう。

一般的な尾行と浮気調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。

対象に気づかれては元も子もないので、ここぞという日時に限定して追跡し、相手の浮気の証拠を抑えるのです。

スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、SNSから浮気が露見してしまうといったケースが増えています。

パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新するようになったら、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていると疑ったほうがいいかもしれません。

相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、ある意味、浮気の指標になるかもしれません。同じような尾行と浮気調査でも、その代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者に見積り依頼しておくことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査時間の短縮になる上、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻からすると不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

そんな不埒な行いを野放しにすることはできません。

不倫行為の裏付けをとる手段は色々ありますが、やはりスマホ(携帯電話)でしょう。

ライン、メール、フリーメールなどを駆使して相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう根絶しがたい面を持っています。

ひそかに不倫しているところを見られて、謝って一時的に大人しくなるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開する可能性だってないわけではありません。

思い当たるフシがあれば、調査を探偵社に依頼して、ガッチリ浮気の証拠固めをして、責任をとらせるべきではないでしょうか。

だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として最も多く、説得力があるのが、「ばれてしまったから」です。

そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは難しく、気分的にも良いものではありません。最初から興信所や探偵業者などのプロに浮気調査を任せる方が、確実性があるというものです。

ただ、これは怪しいと気付くのはやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

性別にかかわらず不倫している人は、鬱状態の人が少なくないようです。

その大きな要因は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。

交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを感じることが多く、それがウツにつながるのですね。また、浮気されたパートナーのほうも不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、小説やドラマなどに出てくる依頼するのはやめたほうがいい探偵や刑事みたいな手段で探索を行うこともあります。尾行や張り込みはもちろん、行動範囲やパターンを分析し、時にはそれらの人たちに聞き取りをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。

また、社外秘ということでクライアントでさえ知ることができない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。

もしこれから依頼するのはやめたほうがいい探偵社に依頼しようと思ったら、まずそこの評判を調べるのが不可欠だと思います。悪い口コミが入っているようなところは、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。

少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、悪質な請求をつきつけられる可能性もありませんし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の額が必要です。

探偵業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかると思って間違いないでしょう。時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、たいていの調査であれば、50万から60万くらい用意しておくと良いでしょう。

「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは人それぞれというほかないでしょう。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、二人だけで出かけたら浮気扱いする人もいますからね。

実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為になるものの、どちらにせよ、浮気しているとパートナーに思わせるような行為はするべきではないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました