配偶者の浮気がわかったときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。ただ

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

配偶者の浮気がわかったときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。

ただ、落ち着いてきてからで構わないので、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。

「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。

あれは、した人間の方に責任があるのです。精神面ではわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、相手を訴えてやると言うのです。

わからなくもないですが、それには裁判費用が要ると聞いたことがあります。

写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかとアドバイスしたんです。

なんだか妙に納得されました。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。そんな不埒な行いを野放しにすることはできません。

相手の浮気を裏付ける方法というとすぐ思いつくのは、携帯(スマホ)ですね。

メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで不倫相手と連絡をとっている可能性があります。いざ依頼するのはやめたほうがいい探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。少し手間でもネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミを見ることができます。

地域性もある仕事ですから、地元近辺で好評価を得ている探偵を見つけて、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

常に相手が警戒している場合、自力で浮気の証拠を押さえることは、至難の業です。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と有利な展開に持ち込むことができます。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。調査費用はかかりますが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、しっかりとした証拠を揃えることができます。探偵の看板を掲げるには特に資格や免許などは求められません。

ただ、平成19年の探偵業法の施行により、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書の交付という認可を受ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。とはいえ、安すぎるところは注意が必要でしょう。

価格なりの低レベルな調査に終わるケースもしばしば見られるのです。

これから依頼するのであれば、誠実な会社なのかどうかも調べておくと良いでしょう。配偶者の不倫行為が発覚したら、ベストな対応をするべく、気を鎮めるようにしてください。

浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料なども勘案しなければいけません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと話をしておきましょう。小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

調査員が行う作業いかんで見積り額も変わってくるでしょう。

素行調査ひとつとっても、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。

どのくらいの期間を要するかでも費用は変わりますが、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、必然的に費用は多くなります。

不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。

慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、相手側の離婚の有無で変わってくるものです。その時点で離婚していないのに多額の慰謝料を請求してきたときは、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしましょう。

浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気をやめさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。その前の浮気に対する処罰が寛大すぎたことが考えられますから、次はないということを実感させるような厳しい措置も考えなければなりません。

SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこから浮気がバレる場合も増えているのです。もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらとチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていることも考えられます。

SNSに対する不審な行動があるかどうかは不倫の有無を判断する好材料とも言えます。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、特にフォームに決まりはありません。とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに使う際は、なんでも証拠になるというわけではないので、良質な情報を備えた報告書であることが大前提となります。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、業者を選定しなければなりません。勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることはできないようです。けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで済んでいるようです。

携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。

例えば、いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。嘘をつく人間というのは必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。

また、簡単な返事で済むところを、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。やましいと思っているほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも簡単にわかるものです。

不倫関係に終止符をうたせるには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが、よく効くようです。一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、後先のことまで考えが及んでいないことも多いです。

慰謝料を求めることにより、自分たちがしたことを実感させるわけです。

パートナーの浮気で裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。

よくあるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。

また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されるケースが増えました。

興信所といっても、知らない会社に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。相談時に本名を告げることが不安というのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる事業者も存在します。とりあえずそこで相談し、信頼できそうなところだと感じたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくという方法もあります。

探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能ということはないです。

全国展開している大手などでは支払いはクレジットカードでもOKです。クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている会社も多いので、カードの使用明細によって興信所や探偵を利用したことが分かることはありません。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、良い業者の目安ということにもなります。

調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。

肝心の支払方法ですが、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いが可能という会社もあるようです。

早く浮気の証拠が欲しいけれども費用面が心配というときは、分割OKの事業者を探して依頼するといいでしょう。

大手なら近くに営業所があるかもしれません。

以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。

私たち夫婦の身近な人間なのかなと、ケータイチェックを試みたものの、こともあろうにしっかりロックされていて、なんの情報も得られませんでした。

私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には興信所を頼むべきだと考えたのですが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、いまだに踏ん切りがつきません。探偵がしている仕事(行動)として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。

ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう移動を共にし、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておく必要があります。

どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのがこの仕事なのです。

たとえ大手だからといって絶対にハズレがないとは言い切れませんが、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと安定した仕事をしてくれるように思います。小さな事務所の中には、調査も満足に行わないうちに代金を請求してきたり、コストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。

また、営業所の相談員の態度なども良い検討材料になりますね。

興信所や依頼するのはやめたほうがいい探偵社に不倫の調査を依頼するなら、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを明確にしておくのが大事です。

たとえば、不倫関係を解消させたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかをあきらかにしておかなければなりません。何を目標にするかによって調査員の仕事内容も変わることもあり、必ず伝えるようにしましょう。依頼するのはやめたほうがいい探偵御用達のツールとしては、従来は発信機がありましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、昔の発信機と違って追跡性能が向上しました。近頃のGPSは精度も高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、対象の位置の把握は難しいことではありません。

これさえガッチリとつけることができれば、調査の精度はさらにあがります。

浮気調査というものは、相手と近い関係であるほど露見しやすいですし、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もはらんでいます。同じことでも探偵に依頼すれば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、シロウトが行うよりずっと上手に証拠を集めることができるのです。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。

夫婦関係に嫌気がさしたからといって、あらたな恋人と幸せになろうというのは、虫が好すぎるとは思いませんか。

本来は夫婦の問題であるのだから、それで解決するわけはないでしょうし、子供には責任はないはずです。

後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。答えはノー。

この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるんですよ。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、依頼するのはやめたほうがいい探偵業は個人であろうと法人であろうと、依頼するのはやめたほうがいい探偵業法に定められている通り公安委員会に開業届や誓約書等を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。

法規制がない便利屋と違い、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。尾行と浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加で料金を請求されたという事例もあります。

その時は、まず契約書を確認しましょう。そこには別料金を含む料金の算定方法が明記されていると思います。

したがって契約書にはよく目を通して理解しなければいけません。

説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約する前に納得がいくまで質問するのも重要ではないでしょうか。

これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面でしょう。

撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、肝心の画像が上手にとれないことが少なくありません。

ちゃんとした証拠として使えるような写真を入手したいのだったら、そういった仕事に長けている探偵を利用するほうが確実だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました