知らない探偵社に個人的に相談するのは気がひけることでしょ

最安値宣言!

HAL探偵社

最安値宣言!
HAL探偵社

知らない探偵社に個人的に相談するのは気がひけることでしょう。

もし最初から実名で相談することに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる業者も少なくないですし、うまく活用して、信頼できそうなところだと感じたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もあります。探偵社に頼めば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、シロウトが行うよりずっと上手に浮気の裏付けがとれるのです。想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、浮気の追跡調査です。

どのように探偵が調査しているのかを、浮気・不倫調査を例に具体的に説明しますね。

普通の調査では、依頼者から得た情報を元に追跡します。

いわゆる「尾行」です。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面でしょう。もちろんシロウトでも撮影はできますが、証拠としては使えないレベルであるケースが非常に多いです。確固たる裏付けとなるような高画質で入手したいのだったら、依頼するのはやめたほうがいい探偵業者を利用するにこしたことはありません。

探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、均一価格でOKという会社も増えているようです。

そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあり、あとになって料金が割高になることもあるので、もしそこに依頼するなら、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、あとで後悔することがないよう気をつけましょう。

浮気調査を探偵に依頼するとき、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報をクライアントに報告する探偵業というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

2000年代中頃にこの法律が制定される前は、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といった問題を防止するべく定められました。

公務員の夫は29歳。

私も29歳。

7歳の男の子と5歳の娘がいます。

つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、いよいよ離婚という運びになりました。これから女手一つで、この子たちを養っていくのです。

メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書という形で残しました。あまり評判の良くない依頼するのはやめたほうがいい探偵業者にひっかかってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。営業所に話をしにいった際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は用心してかかるべきです。

一度断ったのに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。

普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。

尾行と浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、非常に重要な問題だと思います。

業者にもよりますが、近頃は相談や見積りを無料で行うところも増えていて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。

見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、相手の会社ではなく、喫茶店やファミレス等で打ち合わせさせてもらうのも手です。

違法な勧誘を避けることができます。

探偵を雇うには、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。

納得できる会社を見つけるにはいくつかのところを比べてみるのを強くおすすめします。

調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知識をつけておきましょう。

高額な請求をしてくる悪どい会社に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくることは浮気の場合、当然ありえることです。

慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方が離婚するかどうかで相応の差が出てきます。離婚に至っていないにもかかわらず高額すぎる慰謝料請求があった場合、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。

スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったことが増えているのも、当然かもしれませんね。

常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えていいでしょう。スマホやSNSへの警戒心は、不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。尾行で探偵必携の道具というと、以前は発信機でしたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると調査対象の追跡性能がアップしました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、相手車両の発見は容易になりました。GPS を取り付けることができれば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。

配偶者の浮気がわかったら、慰謝料の支払いを求めることができます。

ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、話がややこしくなりがちです。

裁判で決着をつけなければならないこともあるわけで、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらうとよいでしょう。

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

答えはノー。

歴然とした法律上の違いが存在するんですよ。

便利屋でしたら無届けでも開業できますが、依頼するのはやめたほうがいい探偵の業務を取り扱う会社の場合は、依頼するのはやめたほうがいい探偵業法に定められている通り公安委員会に開業開始届出書類を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。法規制がない便利屋と違い、専門的な仕事をこなすのが探偵社です。

昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。とはいえ現在は、ウェブを見ればまともな会社かそうでないかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。

安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところに依頼したってしょうがないので、費用対効果がきちんとある会社を調べて依頼するのが一番です。

依頼するのはやめたほうがいい探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には詐欺かと思うようなでたらめな業者もあったりしますから、評判をよく調べ、堅実な会社に依頼すべきです。また、不倫の追跡調査等でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。

曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よく確認して疑問点がすべて解消したところで契約するようにしましょう。

前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。

確証が欲しくて、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。問い合わせは複数の会社に行い、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵さんに調査を頼んで、結果を待ちました。

わかってて依頼したものの、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。

興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

同じ調査でも調査員の業務内容により、見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

素行調査ひとつとっても、所要時間というものがあります。

どのくらいの期間を要するかでも費用は変わりますが、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、費用も多く見込まなければいけません。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。しかしそこまで重たく感じることもないのではないでしょうか。

もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、浮気の証拠があれば何にしても不利にはならないですからね。自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。

先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、奥さんが浮気していて、相手を訴えてやると言うのです。わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと言っておきました。

浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。

不倫していた相手が明らかになってから3年、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。

ただ、時効間際といっても諦めないでください。

提訴すれば、時効はなくなります。

期限まで間がないときは、裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥ることも大いにありえます。

好きだった人が素敵な大人になって現れたり、学生時代のノリで性別の垣根が取り払われるのでやすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。

同窓会出席を契機に、いままでと違った行動パターンをとるようになったら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。依頼するのはやめたほうがいい探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談します。

心配なら非表示でかけるのもOKです。

相談に応じる職員の態度などを参考に、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。

打ち合わせが済んで、任せても良いと判断したところで契約し、本当の調査が始まるのです。探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。事務所所在地や代表電話といった情報は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。

受付専任のスタッフがいて、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ概算を見積もってくれます。

費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。

見積りをもらってから、価格と調査内容を照らしあわせて考えてみましょう。

一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

つまり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。

もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、証拠さえ入手すれば、あとはもう好きなように相手を追い込んでやることができますからね。

面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、ろくな結果にはならないでしょう。

完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが一番です。浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、悪いことをしている感覚はあまりないという実態もあります。配偶者として正当な慰謝料を請求することで、事態の深刻さを自覚させるというわけです。

いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と依頼するのはやめたほうがいい探偵社の違いです。実際、扱う仕事は違いがありません。共によく扱うのは、相手方の不倫を理由に離婚するなら、第三者にも浮気が分かるような証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって有効です。

夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、すぐ、不倫かなと思ってしまいました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、なんの情報も得られませんでした。

かくなる上は探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、思案中です。

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。どんなところが高い技量を持つかというと、会社の大きさによる違いも無視できません。

全国に協業体制を持つ探偵社の場合、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。著名な探偵社は調査員はもちろん内勤の相談員などの指導育成が徹底しており、必然的に仕事の品質にフィードバックされてくるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました