近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースが

スマホの使い過ぎで浮気がバレたキッカケに

近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースが少なくありません。

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、SNS履歴やメール、フリーメールあたりにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えるのが妥当でしょう。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーといっても良いのではないでしょうか。興信所や探偵に調査を依頼するなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることを強くお勧めします。

評価が低いところでは、高額な追加料金が上乗せされたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないでしょうし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。浮気を証明する写真といったらやはり、浮気相手と共にホテルに入るシーンなどは、はずせないです。

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースが非常に多いです。

証拠として認められる品質のものを撮影しようと思ったら、探偵業者を利用したほうが賢明でしょう。普通、離婚となると、浮気していた側は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。

でもそれは、絶対的なものではないのです。基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかや育児への関与といった点を見ていきます。

要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられているわけです。

夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、価格の安いところに目がいきがちです。とはいえ、安すぎるところは注意が必要でしょう。価格なりの低レベルな調査に終わる例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、誠実な会社なのかどうかは、あらかじめ確認しておくべきです。

でもスマホやSNSの浮気メールは動かぬ証拠ではない!?

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行ってもおそらく不利になると思います。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。

そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことに納得できる人はいませんよね。

そうならないために、信頼できる調査結果を入手するほうがいいでしょう。

私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した同い年の妻はパートで病院の受付をしています。私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、彼女の不倫がわかりました。

こっちは怒り心頭なのに、指摘された妻のほうは逆ギレで、反省した気配もありません。

別居のほうがまだマシです。

妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。

このままにしておくつもりはありません。こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。

悩みを抱えていて、もし依頼するのはやめたほうがいい探偵業者がそれを解消してくれそうなら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。業者の場所や連絡先等は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。相談しながら調査内容を設定していき、だいたいの費用の目安の見積りが出てきます。

そこまでなら無料のところもありますから、落ち着いて検討してみることも大切です。不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。

だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。きちんとした裏付けさえとれれば、気の済むまで相手を追い込んでやることができますからね。

ときには浮気の相手方の職場やPTA、配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、破格値で調査してくれるところとか、均一価格でOKという会社も増加する傾向にあります。

ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、探偵に依頼する際は、契約前に疑問点について説明してもらい、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。

浮気や不倫の決着はプロの探偵へお願いする

大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、無料で相談してみると安心で良いでしょう。そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、今まで利用したこともない業者に浮気・不倫調査をしてもらうのは、やはり無理があります。

安心のために依頼するのはやめたほうがいい探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは実に気になるところだと思います。

このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積もりなしに契約することはないので安心です。

もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、むこうの事務所の代わりに、表通りにある喫茶店など人の多いところで打ち合わせさせてもらうのも手です。意図しない契約を結ばされるといったトラブルを避けることができます。私28歳、夫36歳。

小2と幼稚園の子供がいます。

つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、家族会議の結果、離婚ということで合意しました。

親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていくのです。私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書というのを作ってもらいました。

いざ浮気・不倫調査を探偵に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。

探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、気付かれるような可能性は極めて少ないといっていいでしょう。

とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、依頼者の態度が普段と変わってしまい、相手が勘付くというケースもないわけではありません。調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。

不倫調査を頼む際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを明確にしておくのが非常に大事です。

浮気をやめさせるだけにとどめておくか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

どこに主眼を置くかにより調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるわけですから、大事なことです。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくるのは覚悟しておかなければなりません。気になるのがその金額ですが、先方夫妻が結婚を継続するか否かで相応の差が出てきます。離婚に至っていないにもかかわらず慰謝料として高額な金銭を要求されたら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうべきです。

ほんの火遊びのつもりでも、妻からすると信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。

信頼を裏切る浮気を放置するというのは不可能でしょう。不倫の証拠収集というとすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに体の関係を持つことを指します。

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料を求めることができます。

相手が油断している間がチャンスです。

探偵業者に依頼して、浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより現実に立ち返らせ、不倫関係を精算させるというケースも多いです。

非嫡出子でも認知を求めることはできます。

戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、長期にわたって影響の出る手続きです。

浮気だからと認知に消極的なときは、家裁に訴えることもできます。

つまり子供ができてからでは遅く、その前になんとか不倫をやめさせないと、長い将来にわたって多大な支出が生じる可能性があります。

時々、探偵社で浮気調査を依頼したあと、金銭面で揉めたパターンもあります。

先に見積もってもらった金額に高額なオプションが付加されたり、契約を破棄したいというと、キャンセル料をとられることがあります。

あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのが必要だと思います。料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、ほかのところを探せばよいのです。普段は無縁な探偵社ですが、悪質でいい加減なところもあるのが現実です。評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

ところで、浮気・不倫調査を依頼しても、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。

曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、説明をしてもらって納得できたら契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、依頼するのはやめたほうがいい探偵を頼むときは、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのがやはり一般的ですね。代金に見合った仕事をしてもらうためには、いくつかのところを比べてみるのが大事だと思います。少なくとも標準的な料金は知っておく必要があるでしょう。

高額な請求をしてくる悪どい会社にはまらないようにするためには必要なことです。

浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという根絶しがたい面を持っています。浮気現場を押さえられて、たとえその場で平謝りだったとしても、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている可能性はおおいにあります。

思い当たるフシがあれば、探偵を頼むなどして、きっちり不倫の裏付けをとり、責任をとらせるべきではないでしょうか。

探偵業者に回ってくる依頼の多くは尾行と浮気調査です。

ちょっと気にかかることがあるから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠が明白であることが大事ですし、専門のノウハウがある探偵を頼むのが一番だと思います。探偵の調査能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。

広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。

また、大規模な業者では調査に従事する職員の育成に時間と費用を充分にかけていて、必然的に仕事の品質にも反映されているように思えます。身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、インターネットで調べてみたんですけど、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。

安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、一番感じが良かった会社に依頼しました。

わかってて依頼したものの、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。

性別にかかわらず不倫している人は、鬱状態の人が少なくないようです。

理由は、やはり精神的なストレスでしょう。

ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。また、浮気されたパートナーのほうも不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。

小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では作業には支払いが必要です。調査員が行う作業いかんで見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

もっとも依頼の多い追跡調査ですら、ある程度まとまった時間を要します。

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金は変わりますので、調査を行う時間が長ければ、必然的に費用は多くなります。

昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。

とはいえ現在は、ウェブを見ればきちんと仕事をしてくれる依頼するのはやめたほうがいい探偵業者なのかどうかはクチコミ評価などを見て判断することができます。

代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いばかりで品質が伴わないところに依頼するというのも馬鹿げています。

結局のところ、質と価格のバランスが良い業者を見つけるのは大事なことです。

不倫関係を精算したきっかけでやはり一番多い答えは、パートナーにバレたからというものです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しく、気分的にも良いものではありません。

どうしたって探偵事務所や興信所等に怪しい点を探ってもらうのが効果も高いうえ確実です。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、どうしても本人次第になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です